子供が小学校になると、成長が嬉しい気持ちは大きいのですが、喜びと複雑な気持ちが入り交じる…そう「PTA]です。

小学校に上がると子供が卒業するまでに1度、または2度役員をやらなければいけないという場所も多いでしょう。
小学校PTA役員

子供のために仕方ないと思いつつ、役員になると正直忙しくなるし、役員のママ友同士のトラブルなんかで悩むお母さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は小学校のPTA役員の仕事内容やトラブルについて紹介します。

また、役員の選出方法や断り方も紹介していきます。




スポンサーリンク

小学校PTA役員:仕事内容

小学校のPTA役員の仕事内容は、学校ごとに違うかと思いますが、参考にしてみてくださいね。

役員の役職は以下の通りです。

会長
※PTAの代表で会議の出席や取りまとめ、代表で皆の前で司会をしたりします。

運動会や卒業式などの行事の時に代表で挨拶をします。
役員会長挨拶

副会長
※会長の補佐をします。

会長がいない時は代わりに皆の前で挨拶をしたり、皆をまとめたりします。

書記
※会議があった時に内容をノートなどに記入します。

監査
※会計の内容が正しいか、調べます。

会計
※PTAが学校で使用したお金の全てを管理し、帳面に記入をしていきます。

各学年ごとに行事に活動する部会が2つ程度
※これは本当に学校で違うかと思います。

私の住んでいる場所は、運動会の時にお手伝いをする「保健体育部」と、学校の環境を整える「生活環境部」などがあります。

これらの仕事の内容を順番に紹介していきますね。

PTA役員:会長の仕事内容は?

最も大変なのは「会長」の仕事でしょう。

会長は、本当に忙しいです。

学校の先生達から行事の相談を受けたり、PTAの会員の人達から相談を受けたらのらなければいけません。

学校と保護者の皆さんがスムーズに連携がとれるように橋渡しをしなければいけないのです。

また、入学式や運動会、学習発表会や卒業式など、その度にPTA会長として全子供達や保護者の前で挨拶もしなければいけません。

かなり緊張ですよね!
PTA

心配をしなくても会長や副会長は、子供が5年生または6年生の保護者の人の中から選ばれます

私は会長だけにはなりたくないので、4年生までのうちに役員を終えておくつもりでいます。

PTA役員:副会長の仕事内容は?

副会長は、会長が休まない限りほぼ仕事はないといって良いでしょう。

会長が休んで行事に出席できなかった時だけ、代わりに代表で挨拶したりするお仕事があります。

PTA役員:書記の仕事内容は?

書記は、会議の時などに会議の内容をノートや黒板に書く仕事があります。

書くだけなので、比較的楽な仕事といえますね。

PTA役員:監査の仕事内容は?

監査も年度の締めに学校に行き、今までかかったお金の合計額が正しいかどうかを確かめるだけなので比較的楽ですね。

監査は年度終わりの3月くらいまで仕事はありません。

PTA役員:会計の仕事内容は?

会計は、学校によって大変さが違います

私の地区は、学年でレクリエーションなどをした時に、飲み物などを準備する場合、動くのは全て会計です。

お店に買いに行って、請求書を学校へ渡したり、PTAが使用できる合計額を計算したりと何かと忙しそうにしていますね。
小学校役員PTA会計

PTA役員:各学年ごとの部会の仕事は?

各学年のごとに設けている部会の説明をします。

私の学校は運動会の時に、用具を片付けたり、写真を撮ったり、親子レクリエーションなどの呼びかけをする「保健体育部」と、ベルマークの回収や、学校付近で月に何回か街頭にたってあいさつ運動をしたりする「生活環境部」があります。

正直、朝の忙しい時間に街頭にたって挨拶をするのは非常に大変です。

保健体育部は、運動会の時だけ動けば良いので比較的楽だと話す人が多いですね。

どの部会も年に数回、各部会といって部会ごとに集まる会議があります。

この集まりですが、先生も出席するし、出席率を上げるために夜の19時などから行う場所が多いですね。

何かと時間をとられてしまうのがPTA役員なので、仕事をしている人は負担に感じてしまう人が多いですね。

小学校PTA役員:トラブル

小学校PTA役員は、どんな人と一緒になるかで1年無事に過ごせるかどうかが決まりますよね。

実際にあった小学校PTA役員のトラブルを紹介します。

ベテランPTA役員と新米PTA役員との温度差

PTA役員を兄弟がいて、何度もやっているお母さんからしたらPTA役員の仕事は手慣れたものです。

何をしたら効率が良いか、どんなことをしたら良いのかすっかり分かりきっています。

しかし新米役員の人は全て初めてなのでよく分からないことがたくさんありますよね。

親切に教えてくれるベテランPTA役員さんもいれば、「何でそんなこともわからないのよ!」とイライラしてしまう人もいます

私の友人は新米PTA役員の時に、ベテランPTA役員の人に仕事を教えてもらえず、しかも「あの人本当に仕事しなくて困るわ。」といわれてしまい、精神的にかなり辛そうでした。

この場合、割り切って仕事をしていくか、ベテランPTA役員の人をたてていくと良いですね。

「◯さんじゃなきゃ、こんなに早く仕事できませんよ!すごいですね。」みたいな感じで。

褒められて嬉しくない人はいないので、どんどん頼っていきましょう。
小学校PTA役員:トラブル

旦那さんがイクメンなことに嫉妬!トラブルの元になる

中には奥さんが忙しくて旦那さんがPTA役員をやるという人もいるでしょう。

実際にとある小学校で、旦那さんがイクメンで学校行事にも積極的に参加し、よく動いてくれる人がいました。

奥さんは妊娠中とのことで、夫婦仲も良く旦那さんは仕事もPTA役員もこなし、奥さんをいたわったりと、本当に奥様達の憧れの的だったそうです。

その様子を見ていて1人の奥さんが嫉妬や妬みで「あの旦那さん、不倫しているんだって。」とPTA役員の会議の時にあることないことを話したそうなんです。
小学校 PTA役員 良くない噂
これは酷いですね。

最終的に、流された話は全てウソだと皆に分かってもらえたそうです。

良かったですね!

しかし学校の先生達の耳にも入るほど噂が広まってしまい、緊急集会も開かれたそうですよ。

旦那さんがイクメンで羨ましいと感じる奥さん達は非常に多いです。

会長などの重役以外は、なるべく奥さんが出た方がトラブルの元にならないですね。

派閥がある

これはどこの小学校のPTA役員にもあるかもしれません。

私の住んでいる地域は、田舎なのですがその中でも都会側に住んでいる奥様達と、田舎側に住んでいる奥様達との派閥があります。

この派閥はPTA役員をやる時にも出ていて、役員会議なんかの時には別れて座りますね。

中には「◯ちゃんと遊んじゃだめよ。」などと話したり、レクリエーションの時も田舎と都会でそれとなくグループ分けをしてしまう奥さんもいます。

こうなるとPTA役員は1年中楽しくありませんが、子供のためにあくまでも中立の立場を貫いて頑張っています。

小学校PTA役員:役員の選出方法と断り方

最後は小学校PTA役員の選出方法と断り方について紹介します。

小学校PTA役員:役員の選出方法

小学校のPTA役員選出方法は、大体4年生あたりまで立候補となります。

というのも皆「6年生や高学年ではPTA役員は大変だからやりたくない。」と思っているため、立候補で決まってしまいます。
小学校役員PTA立候補

そして5年生、または6年生になった時のPTA役員決めはほぼ決まらないといっても良いでしょう。

この場合は推薦になる小学校が多いかと思います。

私の子供の小学校は投票にしていますが、誰がどの人の名前を書いたか分からないように無記名投票で先生が開封するという形をとっています。

また、他の小学校では決まらない場合、6年間で役員を1度もやったことがない人をリストアップし、その中から先生が決めるという所もあります。

いずれ、推薦を受けたら断れないような雰囲気ができあがっているので、覚悟をしなければいけませんね。

小学校PTA役員:断り方

もしPTA役員を断りたかった場合、筋が通った理由がなければ大半は引き受けることとなってしまいます。

断り方を間違えると、今後のママ同士の付き合いも大変になってきますよね。
PTA役員断り方

角の立たない断り方を3つ紹介します。

役員をやったことがある

6年間のうち、役員を何度か引き受けたことがある人は「役員をやったことがあるので。」というだけで、まずやらなくて良いでしょう。

1度もやったことがない人とは違って、過去に役員をやったことがある人は「◯年生の時に役員をやったので。」とお話しましょう。

兄弟の役員をやっている

兄弟がいる人は、兄弟の方でも役員を引き受けているかもしれませんよね。

これは、役員を断る立派な理由になります。

PTA役員だけでなく、例えば部活の会長になったとか、何かの面で役がついている人は理由として話すとPTA役員を免除される可能性が高いですね。

病気がある

精神的なものや、てんかんの発作など、何か大変な病気があって体力的にも時間も的にもPTA役員として活動するのが困難な場合、その旨をしっかりと伝えるようにしましょう。

その時は、具体的にどんな病気で、どれくらい通院しているのかなどとしっかりと話すようにしましょう。
 
 

以上、今回は

  • 小学校PTA役員:仕事内容
  • 小学校PTA役員:トラブル
  • 小学校PTA役員:役員の選出方法と断り方

について紹介しました。

PTA役員は6年のうち、必ず1回はやらなければいけないものと思っておきましょう。

今後のママ同士の付き合いもあるので、良い関係を築いていけるように断り方などは気をつけるようにしましょうね。