歯並びが気になって矯正をしたいと思っている人は多いようです。

矯正というと私はワイヤーを使用した歯列矯正を思い浮かべます。
マウスピースワイヤー矯正

ワイヤー矯正は費用も高く、矯正していることが周りにも分かってしまうので嫌だなと感じている人もいるでしょう。

ワイヤー矯正より手軽に行えるマウスピース矯正というものが流行しているようですよ。

そこで今回はマウスピース矯正の効果とデメリットや、値段(費用)は安いのかについて調べてみました。




スポンサーリンク

マウスピース矯正の効果

マウスピース矯正とは、取り外し可能なマウスピースを、歯列矯正をしたい人の歯並びに合わせて作り、取り外しをしながら少しずつ矯正を行っていくものです。
マウスピース矯正効果

マウスピースは取り外しが可能なので、ずっとつけていなければいけないということはありません。

また透明で薄いマウスピースを使用するので、歯列矯正をしていることがバレにくいというメリットもあります。

まずはマウスピース矯正の効果を3つ紹介します。

軽度の出っ歯を矯正することができる

あまりに飛び出てしまっている出っ歯の場合は歯や骨を削らなければいけませんが、軽度の出っ歯だとマウスピースで治すことができます。

こんな風に出ている歯を引っ込めることができちゃうんです。
マウスピース矯正出っ歯軽度
出っ歯だと前歯が乾燥しやすくなってしまいます。

普段唾液の水分で虫歯や歯周病から守られている歯は出っ歯になると乾燥し、歯茎が腫れやすくなってしまいますね。

マウスピースで治療をすることで出っ歯による虫歯や歯周病も防ぐことができますよ。

八重歯を矯正することができる

八重歯とは歯が生えている場所に異常があることをいい、どこの歯でも生えてはいけない場所に生えていたら八重歯となります。
八重歯マウスピース矯正
八重歯があると歯並びが悪くなるため、歯磨きがしにくくなります。

また犬歯が八重歯になってしまうケースはよくあることです。

犬歯とはこの尖った歯のことをいいます。
八重歯犬歯マウスピース矯正

こうした八重歯をマウスピース矯正で治すことができます
八重歯マウスピース矯正治した

受け口をマウスピース矯正で治す

受け口とは上の顎より下の顎の方が前に出ていることをいいます。
マウスピース矯正受け口
受け口になると顎に負担がかかってしまいます。

マウスピース矯正をすると受け口も治すことができますよ。
マウスピース矯正受け口治療前後

マウスピース矯正のデメリットは?

マウスピース矯正にもデメリットはあります。

4つ紹介します。

壊れやすい

マウスピース矯正は非常に薄く作られています。

そのため噛みしめてしまうとマウスピースが壊れやすくなってしまいます

特に歯ぎしりが酷い人は気をつけなければいけません。

1つのマウスピースの利用期間は大体2週間前後なので、しょっちゅう壊してしまう人はマウスピース矯正は向いていないかもしれませんね。

虫歯のリスクが上がる

マウスピース矯正は歯全部を長い時間マウスピースで覆い、歯を少しずつ移動させていきます。

マウスピースで歯を覆うことで唾液が上手く流れなくなり歯の汚れや菌が残りやすくなり石灰化してしまいます。

そのためマウスピース矯正は虫歯のリスクが高くなってしまいます

マウスピース矯正を行っている人は、とにかく歯磨きをしっかりすることと、マウスピースを外した時に流水で洗うことを意識してください。

口の中の細菌数が少なくなるとマウスピースを使用していても虫歯になりにくくなります。

マウスピースを洗ったら必ず乾燥させてください。

マウスピースは自然乾燥で十分ですよ。

マウスピースが湿ったままだと菌が繁殖してしまいます

歯並びの度合いによっては期間と費用が大幅にかかる

歯列矯正は器具を使用することで少しずつ歯を動かしてズレを治していきます。

歯列矯正自体はどの方法も1ヶ月に1mm程度歯を動かしていきます。

歯は矯正をしても最初のうちは力をかけないと元の位置に戻ろうとします。

ワイヤー矯正の方がマウスピース矯正よりも矯正力が強く、歯が元の位置に戻ろうとしてもなかなか元には戻りませんが、マウスピース矯正は矯正力が弱いのでワイヤー矯正よりも歯が理想の位置ではなく、元の位置に戻ろうとする力が強いのです。

歯並びがあまりにも悪いとマウスピース矯正だけでは期間も費用も大幅にかかっていくことになります。

値段に関しては、次の「マウスピース矯正の値段(費用)は安いのか」の所で詳しく説明していますので、参考にしてみてくださいね。

クリニックに行くとマウスピース矯正がその人の治療に合っているかどうかを丁寧に説明してくれるので安心してください。

矯正力が弱い

ワイヤー矯正の方が1ヶ月で一気に締めて矯正を行うので力は非常に強いです。

ワイヤー矯正は力が強い分、矯正力も高いのですが、口が切れたり口内炎ができたりと難儀する人が多いのが特徴でもあります。

一方マウスピース矯正は締め付ける力が弱い分、治すまでに時間がかかりますが傷みを感じたり、口内炎ができたりするということはありません。

一気に矯正をしたいならワイヤー矯正、緩やかでも痛みなく治したいならマウスピース矯正の方が良いですね。

マウスピース矯正の値段(費用)は安いの?

マウスピース矯正の値段(費用)はそのクリニックによって、やり方によっても違います。

大体マウスピース矯正の相場は半年で60万円~70万円だと言われています。

一方ワイヤー矯正は70万円~100万円以上かかる病院もあります。

安い場所だと40万円程度でマウスピース矯正をしてくれる所もあります。

マウスピース矯正は月に1回程度受診し、その度に歯型を撮り直しマウスピースを作り直します。

この費用が病院で違いますが、3,000円~10,000円程度かかってしまいます。

しかしトータルで見てもやはりマウスピース矯正の費用が他の矯正に比べて安いです。

あまりに歯並びが悪くてマウスピース矯正だけで難しいとなると、クリニックによってはマウスピース矯正とワイヤー矯正を使用して、短期間で少ない費用で矯正が済むように工夫してくれます。

私の知人はこの方法で、ワイヤー矯正とマウスピース矯正を利用し半年で60万円程度でキレイな歯並びをゲットしていましたよ。

知人に安く矯正するコツを聞いた所、病院に行って安い費用で行って欲しいと強く訴えることだそうです。

ちなみに子供のマウスピース矯正は非常に安いです。

子供の内は顎の骨がまだ柔らかいので矯正がしやすいそうです。

大体10万円程度で治療は済んでしまうんですって。

すごいですよね!驚きの安さです。

以上、

  • マウスピース矯正の効果
  • マウスピース矯正のデメリットは?
  • マウスピース矯正の値段(費用)は安いの?

を説明しました。

マウスピース矯正は費用は安いけれど、効果は他の矯正方法よりも少し薄いようですね。

どちらにするか、もし矯正を考えている人がいたらよくクリニックで話をして聞いてみてくださいね。