神戸ルミナリエ2016、今年も神戸ルミナリエが開催されることが決まり、多くの人を魅了する巨大な電飾のフロントーネを見ることができます。
 

神戸ルミナリエの顔として、テレビなどでもよく目にするイルミネーションの一つです。

↓こちらが「フロントーネ」です。
神戸ルミナリエ2016混雑予想回避方法

毎年、神戸ルミナリエの芸術的なイルミネーションの数々を見るために、多くの人が訪れます。
そして、そこで発生するのが混雑です。

今回は、神戸ルミナリエ2016の混雑予想と回避方法や平日の混雑状況について紹介していきます。




スポンサーリンク

神戸ルミナリエ2016の点灯時間や開催期間はいつまで?

 
それでは、神戸ルミナリエ2016について以下の情報を順番に紹介します。

・開催場所
・開催期間や開催時間
・休園日
 
 

神戸ルミナリエ2016の開催場所はどこ?

 
神戸ルミナリエ2016の開催場所について紹介します。

開催場所 旧外国人居留地および東遊園地
住所 兵庫県神戸市中央区加納町6丁目
お問い合わせ 078-303-0038

 
 

神戸ルミナリエ2016の開催場所「兵庫県神戸市中央区加納町6丁目」の場所はこちらです↓

 
 

神戸ルミナリエ2016の開催期間はいつからいつまで?点灯時間は?

 
神戸ルミナリエ2016の開催期間と点灯時間・休園日について紹介します。

※点灯時間は2015年を参考にしています。

開催期間 2016年12月2(金曜)~12月11日(日曜) 10日間
点灯時間 月曜~木曜日 18:00頃~21:30
金曜日    18:00頃~22:00
土曜日    17:00頃~22:00
日曜日    17:00頃~21:30
休園日 無休

 

次は、神戸ルミナリエの平日の混雑状況について紹介します。
 
 
 

神戸ルミナリエ2016の平日の混雑状況は?

 
それでは、神戸ルミナリエ2016の平日の混雑状況について紹介します。

神戸ルミナリエを見るとき、混雑を避けて見るなら平日がいいと、色々なブログで書かれているのを見ます。
 

そこで平日の混雑状況について気になったので調べてみました。
 

例年、神戸ルミナリエの平日の混雑状況は以下のようになります。

神戸ルミナリエの平日の混雑状況は

・平日でも金曜日は混雑する。
 翌日が休日であることや、点灯時間の終了が金曜日は22:00と30分延長されているため混雑する。

・平日でも、点灯して1~2時間は混雑する。
 点灯してしばらくは、「フロントーネ」や「ガレリア」をゆっくりと見ながら列が動くので、点灯してすぐには混雑は解消されない。

 

例年、神戸ルミナリエ開催されて1週間位の平日なら、20:30(点灯から2時間半位)を過ぎたあたりで迂回路を解除され、元町駅から光の回廊「ガレリア」が並ぶメインストリートの仲町通りへ直接向かうことができるようになるそうです。
 

ただ、混雑は避けられるのですが、人が少なくっているので、気分的に盛り上がりに欠けるかもしれませんね^^;
 

次は、2016年の神戸ルミナリエの日にちや時間帯の混雑予想について紹介しています。
 
 

神戸ルミナリエ2016の日にちや時間帯の混雑予想は?

 
つづいて、神戸ルミナリエ2016の混雑予想について以下のこと順番に紹介します。

・混雑する日にち
・混雑する時間帯
 
 

神戸ルミナリエ2016の混雑する日にちは?

 
神戸ルミナリエ2016の混雑する日にちについて紹介します。

神戸ルミナリエは美しいイルミネーションでも有名ですが、大混雑することでも有名です。
 

それでは、昨年2015年の来場者数とその時の天気を見ながら、2016年の神戸ルミナリエの混雑予想を紹介します。

神戸ルミナリエ開催期間:2016年12月2日(金曜)~12月11日(日曜)
 
 

※2015年の来場者数は神戸ルミナリエ公式サイトより引用しております。
⇒http://www.kobe-luminarie.jp/index.html

初日・2016年12月2日(金曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月4日 金曜 214,000

神戸ルミナリエ2015年は21万人。

例年初日は、開催期間の中で最も来場者数が少ない日にちになります。

ちなみに2012年~2014年の初日の来場者数は以下のとおりです。

・2012年12月6日(木曜)晴:126,000
・2013年12月5日(木曜)晴:183,000
・2014年12月4日(木曜)晴:154,000

 

 
 

2016年12月3日(土曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月5日 土曜 517,000

神戸ルミナリエ2015年は51万人。

↓2015年12月6日最初の土曜日。神戸ルミナリエ会場に向かう長蛇の列です。
神戸ルミナリエ2016混雑予想点灯式
 

ルミナリエが開催されて最初の土曜日大混雑が予想されます。

点灯時間:17:00頃~22:00なので、スタートコースの元町駅は、例年16:30頃には混雑しています。

 
 

2016年12月4日(日曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月6日 日曜 392,000

神戸ルミナリエ2015年は39万人。

日曜日は、土曜日に比べると来場者数は少なくなりますが、それでも大混雑です。

点灯開始前の16:00頃の早い時間から混雑しますので、食事の時間を早めにするか、もしくはゆっくり食事を済ませてからルミナリエを見るか、事前に混雑状況を確認して予定を立てることをおすすめします。

 
 

2016年12月5日(月曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月7日 月曜 265,000

神戸ルミナリエ2015年は26万人。

平日は土曜・日曜に比べると混雑もいくらか緩和されますね。

 
 

2016年12月6日(火曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月8日 火曜 240,000

神戸ルミナリエ2015年は24万人。

平日は、土曜に比べると、約半分の来場者数になっていまが、それでも混雑はしています。

 
 

2016年12月7日(水曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月9日 水曜 261,000

神戸ルミナリエ2015年は26万人。

ルミナリエの平日の来場者数は平均して20万人

この人数は、混雑すると言われるディズニーランドやUSJなどでも1日5万人ですから、その約4倍

ということは、神戸ルミナリエは平日でも混雑しているということになりますね。

 
 

2016年12月8日(木曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月10日 木曜 158,000

神戸ルミナリエ2015年は15万人。

例年木曜日は、来場者数が少ない日にちになります。

ちなみに2012年~2014年の木曜日の来場者数は以下のとおりです。

・2012年12月6日 晴:126,000     
    12月13日 晴:228,000

・2013年12月5日 晴:183,000 
    12月12日 晴:218,000

・2014年12月4日 雨のち曇:154,000
    12月11日 晴:194,000

 

なぜ木曜日が、来場者数が少なくなるのか調べてみたのですが明確なことはわかりませんでした。

ただ、例年の来場者数から見て木曜日は比較的混雑が緩和される日にちのようです。

 
 

2016年12月9日(金曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月11日 金曜 曇り時々雨 245,000

神戸ルミナリエ2015年は24万人。

金曜日は点灯時間が、18:00~22:00

平日でも金曜日は点灯時間の終了が30分遅くなっています。
休日前ということもあり観光客も増えてきますので、やはり混雑します。 

 
 

2016年12月10日(土曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月12日 土曜 557,000

神戸ルミナリエ2015年は55万人。

神戸ルミナリエ10日間の開催期間中で、前半よりは後半のほうが来場者数も増えます。
 

期間中一番の大混雑は、最後の土曜日になりますので、なるべくなら避けたいところですね。
 

↓2015年12月12日最後の土曜日、JR元町駅19:00頃の大混雑ぶり!
神戸ルミナリエ2016混雑予想元町駅

 
 

最終日・2016年12月11日(日曜)混雑予想
2015年月日 曜日 天気 来場者数
12月13日 日曜 407,000

神戸ルミナリエ2015年は40万人。

神戸ルミナリエの最終日は、点灯開始時間17:00前の、日没前の早い時間から混雑が始まります。

とくに最終日は、消灯式」を見るために来場される人も多いので混み具合が増えるというわけです。

↓2015年神戸ルミナリエの消灯式。
神戸ルミナリエ2016混雑予想消灯式
 

 

消灯式とは

阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼する「神戸ルミナリエ」では、最終日の消灯式では、儀礼服を着た警備員などが光の回廊「ガレリア」の下に整列し、「犠牲者のみ霊(たま)に対し敬礼」の掛け声で、一斉に明かりが消されます。

 

神戸ルミナリエは開催期間が2014年までは12日間でした。

しかし財政難のため、昨年2015年から10日間に縮小され、その影響で混み具合も増えたようです。
 

2015年の来場者数は330万人でした。1日平均すると33万人ですね。驚異的な数字です!
 

先ほども例に出しましたが、混雑すると言われるディズニーランドやUSJなどでも1日5万人ですから、神戸ルミナリエの来場者数が少ないとされる平日の20万人でも、その約4倍!
 

2015年の来場者数からみて、2016年の神戸ルミナリエの混雑予想を紹介してきました。

ある程度の混み具合は予想できますので、計画をたてる際など参考になさってみてください。
 
 

神戸ルミナリエ2016の混雑する時間帯は?

 
神戸ルミナリエ2016の混雑する時間帯について紹介します。

神戸ルミナリエ2016を快適に見るためにも混雑は避けたいものです。
 

前述で、混雑する日にちの混雑予想を紹介しましたので、こちらでは混雑する時間帯について紹介します。
 

神戸ルミナリエの混雑する時間帯は、ズバリ!点灯時間開始の前後!になります。

そして、混雑する時間帯については以下の2つです。

混雑する時間帯

・点灯時間開始1時間前
 点灯の瞬間をひと目見たい人や、写真に撮りたい人たちが、場所取りのため早い時間から入場しています。

・点灯して2時間位
 点灯してもしばらくの間は、神戸ルミナリエの顔と言われる巨大なイルミネーションの「フロントーネ」や、高さ12~13mのアーチが20~21基設置された「ガレリア」の写真を撮るなど楽しみながら進んでいくので、ノロノロと少しずつしか列は動かないからです。

 

神戸ルミナリエを快適に見るためにも混雑する日にちに加えて、混雑する時間帯もチェックするといいですね。
 

次は、神戸ルミナリエ2016の混雑回避について紹介しています。
 
 
 

神戸ルミナリエ2016の混雑回避は?

 
ここでは、神戸ルミナリエ2016の混雑回避について紹介します。

神戸ルミナリエの混雑回避の方法は以下の4つ。

混雑回避するには

・開催期間中、前半の早い時期のほうが来場者数も少ないので、予定を立てるとき可能であれば期間前半にし、混雑を避けましょう。

開催初日や平日。とくに木曜日はあまり混雑していないようです。

雨の日は人出が極端に減るようなので穴場です。
 ※冬の冷たい雨対策に、防寒はしっかりとしておきましょうね。

点灯時間開始の前後!
 最も避けたい時間帯でも紹介しましたが、点灯時間開始の前後は、混雑回避の最善策です。

 

↓神戸ルミナリエの最終日。雨だからあまり混雑していませんね。
神戸ルミナリエ2016混雑回避平日雨の日
 

神戸ルミナリエ2016で効率よく見るための秘策は、混雑状況を確認し、混雑する日にちや時間帯を避けることが一番のようです。
 

以上、今回は

  • 神戸ルミナリエ2016の点灯時間や開催期間はいつまで?
  • 神戸ルミナリエ2016の平日の混雑状況は?
  • 神戸ルミナリエ2016の日にちや時間帯の混雑予想は?
  • 神戸ルミナリエ2016の混雑回避は?

についてご紹介しました。
 

いかがでしたでしょうか?

神戸ルミナリエは混雑することで有名なのですが、いつ行っても混雑しているわけではなく事前に混雑予想などで確認すれば、快適に楽しく見て回ることができそうですね!

このたびの情報を参考にされて、快適に楽しく神戸ルミナリエを満喫してくださいね(*^^*)