広島東洋カープは、2016年9月10日(土)の巨人戦で25年ぶりにセントラルリーグ優勝を手にしました。

鈴木誠也選手(背番号51)も優勝の立役者の一人。
鈴木誠也広島カーププロフィール

セリーグ優勝を決めた試合終了後、緒方孝市監督のインタビューで鈴木誠也選手を例える言葉が「神ってる」でした。

2016年6月17日・6月18日オリックスとの交流戦で二試合連続ホームランを放った時、緒方監督がコメントした言葉が「神ってる
鈴木誠也緒方孝市監督神ってる

それからも、チャンスに強い男としても期待に応え、サヨナラホームランを打つなど、劇的な勝利には必ず鈴木誠也選手がかかわっていました。

まさに、神懸っているかのような活躍ぶりです。

この「神ってる」の言葉は、2015年の山田哲人選手(ヤクルト)の「トリプルスリー」に続き2016年の流行語大賞候補のようですね。

そこで今回は、神ってる男・鈴木誠也選手(広島カープ)の年俸推移は?出身高校や父親・実家などいろいろ調べてみました。




スポンサーリンク

鈴木誠也(広島カープ)のプロフィール!父親や実家は?

それでは、鈴木誠也選手(広島カープ)のプロフィール!父親や実家について紹介します。

まずは、鈴木誠也選手のプロフィールです。
鈴木誠也広島カーププロフィール2

名前:鈴木誠也(すずき せいや)
生年月日:1994年8月18日(今現在の年齢23歳)
出身地:東京都荒川区
身長:181cm
体重:87kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手、三塁手
ドラフト:2012年ドラフト2位
初出場:2013年9月14日
在席チーム:広島東洋カープ

 

実は、鈴木誠也選手は広島カープでプロの野球選手として活躍する前にテレビに出演しています。

2006年3月18日に放送された「出没アド街ック天国」の町屋の回で、東京都荒川区町屋が紹介されました。

鈴木誠也選手の実家がある荒川区町屋は漫画「巨人の星」の舞台だったということもあり、平成の星親子として当時小学5年生の鈴木誠也選手がお父さん手作りの練習場でトスバッティングをしている姿が放映されていました。

その時の動画を見つけましたのでご覧ください♪

↓お父さん厳しそうですね^^;まさに、星一徹!

プロ野球選手になってのインタビューで、「お父さんの特訓をやっててよかった」と語る鈴木誠也選手。夢を掴んだからこそ言えるひと言ですね^^

いま紹介しましたように、鈴木誠也選手の実家東京都荒川区京成町屋になります。

家族構成は、父親・母親・妹・本人の4人家族。

鈴木誠也選手の父親は巨人の星の父親・星一徹に例えられるほど、野球に対して熱血指導だったそうです。

↓見た感じは優しそうな父親ですね。
鈴木誠也広島カープ父親

父親が鈴木誠也選手に幼いころから言い聞かせていた言葉が、「おまは野球で食べていくんだ!」だから、学校の成績などは気にしなくてよい。

その時の鈴木誠也選手の中学3年の時の成績は、体育と社会以外は「オール1」

中学3年といえば受験ですよね。

それでも「勉強すらなら、走ってこい!」とゲキを飛ばす父親の熱血指導。

一貫してブレない子育てには感心します。

では、そんな父親の熱血指導を受ける鈴木誠也選手。

野球を始めたのはいつからなのでしょうか?

鈴木誠也選手が野球を始めたのは小学2年生の時

地元の少年野球硬式野球チーム「荒川リトルシニア」に入団します。

荒川リトルの頃はピッチャーとし活躍していました。
鈴木誠也プロフィール荒川リトル

鈴木誠也選手が小学校高学年の頃になると、打撃が好きな鈴木誠也選手のために熱血指導の父親が特注して作ってもらった鉄のバット

長さ約75cm・直径22mmの鉄の棒にグリップエンドをつけたものが下の画像です。

↓当時の鉄のバットの再現品です。
鈴木誠也プロフィール荒川リトルシニア

この鉄バットでゴルフボールを打つ練習をして、百発百中で打ち返していたそうです。

鉄のバットの再現品を手にしているのは、「荒川リトルシニア」の事務局長であり、荒川区で金属加工の町工場を経営する石墳成良さん。

「打撃が好きで、放っておいたらいつまでも打ち続けていた」と当時の鈴木誠也選手のことを話されています。

鈴木誠也(広島カープ)の出身高校と出身中学校は?

つづいて、鈴木誠也選手(広島カープ)の出身高校と出身中学校について紹介します。

鈴木誠也選手(広島カープ)の出身中学校

鈴木誠也選手の出身中学校は、地元の荒川区立第九中学校になります。

中学校の部活で野球部があるのですが、部活には入らず「荒川リトルシニア」で練習を続けていきます。

鈴木誠也選手、中学3年生の時は投手として138キロを出していたとか。

↓投手として活躍する鈴木誠也選手。
鈴木誠也プロフィール荒川シニア

↓エースで4番です。
鈴木誠也プロフィール荒川シニア2

活躍が期待される鈴木誠也選手の出身高校については次で紹介します。

鈴木誠也選手(広島カープ)の出身高校

鈴木誠也選手の出身高校は、東京都千代田区にある二松学舎大附属高校になり、男女共学の私立学校で偏差値50の高校です。

↓出身高校の二松学舎大附属高校(にしょうがくしゃだいふぞくこうこう)です。
鈴木誠也出身高校二松学舎大附属高校

鈴木誠也選手も所属していた、二松学舎大附属高校の野球部の実績は
選抜高校野球大会には5回の出場経験があり、第54回選抜高校野球大会(1982年)では準優勝を果たしています。

そして、第96回全国高校野球選手権大会(2014年)初出場を果たしています。

そして、二松学舎大附属高校の所在地「東京都千代田区九段南2-1-32」の場所はこちらになります↓

 

では、鈴木誠也選手の高校時代はどうだったのでしょうか?気になりますね^^

鈴木誠也選手は高校時代も1年生の秋からエースを務め、2年生夏の東東京大会では準決勝まで勝ち進みます。

そして、2年生の12月には東京高校選抜に選ばれロサンゼルス遠征の経験をするなど2年生にして頭角を現します。

高校3年生の夏。

憧れの甲子園のマウンドに立つために頑張ってきたのですが、結果は東東京大会ベスト8。

甲子園球場の全国大会へ出場は出来なかったのですが、これまで培ってきた努力は高校3年間の成績を見ればわかります。

投手として最速148km/hを記録。

↓投手として活躍した鈴木誠也選手。
鈴木誠也出身高校二松学舎大附属高校2

打者としては対外試合で通算43本の本塁打を放っています。

↓打者としても活躍しています。
鈴木誠也出身高校二松学舎大附属高校6

このように甲子園の舞台に立たなくても、鈴木誠也選手の存在は逸材を発掘するプロ野球・スカウトの目には留まっていたようです。

鈴木誠也選手を担当した広島カープの尾形スカウトは、実は、高校1年の秋から鈴木誠也選手をマークしていたとか。

始めは、球速が140キロ後半出て凄いボールを投げていたのでピッチャーとし見ていたそうなのですが、通算43本の本塁打を放つ打者としての力や、50mを5秒台という走力があり、次第に野手として鈴木誠也選手をスカウトしたいと思いが変わっていったそうです。

鈴木誠也選手、2012年のドラフトで二松学舎大附属高校から2位指名で広島東洋カープに入団します。

↓ドラフト2位指名をうけた鈴木誠也選手。詰め襟姿が初々しいです。
鈴木誠也出身高校二松学舎大附属高校7

広島カープとしては4年前、鈴木誠也選手をドラフトで指名獲得できて本当に良かったですね。

2016年の鈴木誠也選手の神ってる活躍ぶりに期待が高まります!

次は、鈴木誠也選手(広島カープ)の気になる年俸推移を紹介します。

鈴木誠也(広島カープ)の年俸推移まとめ!

それでは、鈴木誠也選手(広島カープ)の年俸推移について紹介します。

まず、年俸推移を紹介する前に、年俸の基準になるのが成績なので、鈴木誠也選手の成績の推移を先に紹介します。

当サイトでは成績の推移を三冠王の基準になる、打率・打点・本塁打で調べてみました。

鈴木誠也の成績の推移まとめ(2013年~2016年)※9月16日現在
打率 打点 本塁打
2016年 0.340 93点 27本
2015年 0.275 25点 5本
2014年 0.344 7点 1本
2013年 0.083 1点 0本

 

入団から4年目を迎える鈴木誠也選手。

もともと練習の虫と言われるほど練習量は半端ないそうなのですが、今年活躍の裏にはソフトバンク・内川聖一外野手との自主トレが大きかったようです。

↓こちらは内川選手との自主トレの動画になります。
https://youtube.com/watch?v=mH7vkH7Dg5Y

内川選手を師匠としバッティング技術を教わる姿勢が、2016年の成績に顕著に現れていると考えられますね。

では成績の推移から気になる年俸推移なのですが、↓鈴木誠也選手の2013年~2016年の年俸(推定)をまとめてみました。

鈴木誠也の推定年俸まとめ(2013年~2016年)
推定年俸
2016年 1700万円
2015年 900万円
2014年 650万円
2013年 600万円

 

2016年は1700万円と思ったよりも少ないのです。

今季は25年ぶりのセリーグ優勝に大きく貢献したことや、現在首位打者争いで坂本勇人選手(巨人)と競っていますので、仮に首位打者のタイトルでも取れば、2017年の年俸はまた違ってくるのではないでしょうか。

9月16日現在の打率ランキングは
1位 坂本勇人選手(巨人) .349
2位 鈴木誠也選手(広島) .340
3位 菊池涼介選手(広島) .322
4位 筒香嘉智選手(横浜) .318
5位 山田哲人選手(ヤクルト) .315

 

あと少しで首位打者を獲得できそうです。頑張れ!鈴木誠也選手。

そして2016年広島カープの選手の年俸も見てみましょう。

↓広島カープの年俸ランキング1位~10位をまとめてみましたのでご覧ください。

広島カープ年俸ランキング2016
順位 名前 推定年俸 守備 年数
1位 黒田博樹 6億円 投手 13年目
2位 ジョンソン 1億5000万円 投手 2年目
3位 エルドレッド 1億2500万円 内野手 4年目
4位 ルナ 1億2000万円 内野手 4年目
5位 石原慶幸 1億円 捕手 15年目
6位 梵英心 9000万円 内野手 11年目
7位 丸佳浩 8500万円 外野手 9年目
8位 菊池涼介 8500万円 内野手 5年目
9位 ジャクソン 7260万円 投手 1年目
10位 新井貴浩 6000万円 内野手 18年目

 

広島カープの2016年年俸ランキングを見ると、10位 新井貴浩選手:6000万円ですね。

鈴木誠也選手の2016年の活躍と今現在の広島カープの年俸ランキングから想定して、2017年の年俸6000万円(推定)は頂いてもおかしくないと思います。

鈴木誠也選手も1億円プレーヤーになる日はそう遠くないと期待しています。

以上、今回は、

  • 鈴木誠也(広島カープ)のプロフィールまとめ!父親や実家も
  • 鈴木誠也(広島カープ)の出身高校と出身中学校は?
  • 鈴木誠也(広島カープ)の年俸推移まとめ!


について紹介してきました。

鈴木誠也選手の2016年の活躍ぶりは本当に神ってました。

広島カープ自体も神っていたと思います。

幼い頃から野球少年で走り続けてきた鈴木誠也選手。これまでの努力の積み上げが、今まさに、開花していると言えます。

これからのますますの活躍を期待しています!