2017年春、豪華寝台列車トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)が運行を開始します。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成
 
「動くホテル」と表現してもおかしくないほど高級感あふれる寝台列車トワイライトエクスプレス瑞風。

1両に1室のみのスイート寝台車や1両3室の寝台車、先頭がオープンデッキの展望スペースになっている展望車や食堂車そしてラウンジカーを設けるなど、ゆとりの空間を満喫できる車両編成になっています。
 
クルーズトレインといって、運行中に沿線の歴史・文化や美しい景色をたのしむことができる立ち寄り観光が用意されているのも特徴のひとつ。
 
↓1泊2日(片道タイプ)の山陽上りコースで立ち寄り観光の、宮島・厳島神社です。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート厳島神社
 
そこで今回は、トワイライトエクスプレス瑞風の運行区間ルートや値段・予約状況などいろいろ調べましたのでご紹介します。




スポンサーリンク

トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)の車両の編成や運行区間ルートは?

 
それでは、トワイライトエクスプレス瑞風について以下の情報を順番で紹介していきます。
・車両の編成は?
・運行区間ルート

 
 

トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)の車両の編成は?

 
まずはじめに、トワイライトエクスプレス瑞風の車両の編成について紹介します。
 
トワイライトエクスプレス瑞風の車両は10両編成になっていて、豪華な車両10両の内訳は次のようになります。
 

  • 展望車2両(1号車・10号車)
  • ツイン・シングル5両(2・3・4・8・9号車)
  • ラウンジカー1両(5号車)
  • 食堂車1両(6号車)
  • スイート1両(7号車)


それでは、各車両を順番に紹介していきます。
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風:1号車・10号車は展望車

 
トワイライトエクスプレス瑞風の1号車・10号車は展望車の車両になっています。
 
↓こちらは、1号車の車両平面図です。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成1号車
 
↓そしてこちらが、10号車の車両平面図になります。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成10号車
 

特徴は、屋根まである大きな窓
このことにより側面部分からも前方の景色を眺めることができるようになっています。
そして、夜には星空を望むこともできくつろいだ時間を過ごせそうですね。

 
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成展望室
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風:2・3・8・9号車はツイン3室の寝台車

 
トワイライトエクスプレス瑞風の2・3・8・9号車はツイン3室の寝台車の車両になります。
 
↓2号車の車両平面図です。(3・8・9号車もタイプは同じになります)
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成2号車
 

ツインの客室の特徴は、収納式のベッド
ベッドを収納することにより、昼間は広いリビングスペースとして、夜はくつろいで休めるスペースへと空間を活用できます。
そして、入口の幅と同じ幅で車内通路側に大きな窓を設けています。
客室にいながら列車の左右両側の景色をたのしむことができますよ^^

 
↓ツインの客室・昼間では収納ベッドが収められリビングスペースになっています。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成ツイン昼
 
↓夜になりベッドスペースが作られるとこのような感じです^^
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成ツイン夜
 
各部屋のドアは中国地方5県の木材を使用しているんですよ。
部屋の装飾は、沿線の伝統工芸品をあつらえています。
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風:4号車はツイン1室とシングル2室の寝台車

 
トワイライトエクスプレス瑞風の4号車はツイン1室とシングル2室の寝台車の車両になります。
 
↓4号車の車両平面図になります。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成4号車
 

4号車の特徴は、ツイン1室が車いすに対応したユニバーサル仕様になっていることと、シングル2室があること。
ユニバーサル仕様では、乗降口とそこからツインルームまでの通路そして、部屋の入口が車椅子でも通れるように幅が大きく取られています。
そして4号車でも、他のツイン寝台車の車両と同じように通路側に大きな窓があり車窓を眺めることができます^^

 
シングルの部屋のようすの画像はありませんでしたm(_ _)m
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風:5号車はラウンジカー

 
トワイライトエクスプレス瑞風の5号車はラウンジカーの車両になります。
 
↓5号車の車両平面図です。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成5号車
 

ラウンジカーの5号車は、バーカウンターやいすに腰を掛けて点前をする、立礼の茶の卓があるのが特徴です。
車内は木を多く用いた作りになっていますので、落ち着いた空間で楽しい会話が弾みそうですね。

 
↓車窓から見える景色を眺めながら、旅の話で盛り上がりそうですね^^
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成ラウンジカー
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風:6号車は食堂車

 
トワイライトエクスプレス瑞風の6号車は食堂車の車両になります。
 
↓6号車の車両平面図になります。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成6号車
 

食堂車の6号車は、オープンキッチンになっているので車内での調理の様子が見ることができライブ感を味わうことができるのが特徴です。
食堂車のしつらいは、フォーマルな雰囲気になっています。
 
ここで、食事を監修するのは、和食ではユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の普及に国内外で尽力されている京都「菊乃井」の村田吉弘(むらた よしひろ)氏。
↓NHKきょうの料理でもお馴染みの「菊乃井」の村田吉弘(むらた よしひろ)さん。
トワイライトエクスプレス瑞風料理村田吉弘
 
洋食では、世界を代表する100人のシェフ「100 chefs au monde」にも選ばれ、国際的にも注目される大阪フレンチレストラン「HAJIME」オーナーシェフの米田 肇(よねだ はじめ)氏。
↓予約の取りにくいレストランでも有名な「HAJIMEME」の米田 肇(よねだ はじめ)さん。
トワイライトエクスプレス瑞風料理米田 肇
 
食の匠二人が、朝昼夜の食事ごとにメニューを監修しています。
旅の楽しみは食べることと言っても過言ではないので、食の匠二人が監修した料理にも期待が高まりますね^^

 
↓フォーマルな雰囲気の食堂車です。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成食堂車
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風:7号車はスイート寝台車

 
トワイライトエクスプレス瑞風の7号車はスイート寝台車の車両になります。
 
↓7号車の車両平面図になります。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成7号車
 
では、1両1室と世界でも希少な広いスペースの7号車を紹介します。

スイート寝台車の7号車の特徴は、スイート寝台車のみ車体が2階建て仕様になっているところです。
2階部分は、リビングと寝室が配置されています。
広い車内には、エントランスやプライベートバルコニー、リビング・ダイニング・寝室・トイレが2箇所あり、バスルームにはバスタブが備えてあり、大変豪華な車両になります。

 
↓スイート寝台車の2階部分のリビングです。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成スイートリビング
 
↓スイート寝台車の2階部分にある寝室になります。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成スイート寝室
 
↓バスタブ付きのバスルームはスイート寝台車のみです。
トワイライトエクスプレス瑞風車両編成スイートバスルーム
 
↓こちらはトワイライトエクスプレス瑞風の公式動画になります。

 
動画を拝見してみると瑞風のイメージがなんとなくつかめますね^^
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)の運行区間ルートは?

 
次に、トワイライトエクスプレス瑞風の運行区間ルートについて紹介します。
 
JR西日本が2016年6月18日に発表した「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行ルート5コースは以下のとおりになります。
 
◆1泊2日(片道タイプ)

  • 山陽下りコース
  • 山陽上りコース
  • 山陰下りコース
  • 山陰上りコース


◆2泊3日(周遊タイプ)
山陽・山陰コース
 
それでは、運行ルートを順番に紹介していきます。
 
 

運行区間ルート:1泊2日(片道タイプ)の山陽下りコース

 
まず、運行区間ルート、1泊2日(片道タイプ)の山陽下りコースを紹介します。
 

1泊2日(片道タイプ):山陽下りコース
1日目 京都駅・大阪駅~JR神戸線・山陽本線~倉敷駅(立ち寄り観光)~山陽本線~車中泊
2日目 ~山陽本線~岩国駅(立ち寄り観光)~山陽本線~下関駅

 
↓こちらが、山陽下りコースの運行ルートマップになります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート山陽下り
 
↓2日目立ち寄り観光の岩国・錦帯橋です。
「流されない橋を作りたい」という先人たちの情熱が生んだ、美しい木製のアーチ橋で世界的にも稀な構造になっています。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート錦帯橋
 

立ち寄り観光の「錦帯橋、吉川史料館」では、吉川史料館での通常は年に数回しか見ることができない岩国藩鉄砲隊の演武が特別披露され、学芸員によ個別解説などがあります。

 
 

運行区間ルート:1泊2日(片道タイプ)の山陽上りコース

 
次に、運行区間ルート、1泊2日(片道タイプ)の山陽上りコースを紹介します。
 

1泊2日(片道タイプ):山陽上りコース
1日目 下関駅~山陽本線~宮島口駅(立ち寄り観光)~山陽本線~車中泊
2日目 ~山陽本線~尾道駅(立ち寄り観光)~山陽本線・JR神戸線~大阪駅・京都駅

 
↓こちらが、山陽上りコースの運行ルートマップになります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート山陽上り
 
↓1日目立ち寄り観光の宮島・厳島神社になります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート厳島神社
 

立ち寄り観光の「宮島・厳島神社」では、世界遺産厳島神社の祭典のときにしか見ることができない舞楽の奉納や景観を楽しむことができます。
★厳島神社の大鳥居の秘密★
厳島神社の大鳥居の両側に書かれている文字、実は沖側と神社側では違うんですよ。
沖側には「嚴嶋神社」、神社側は「伊都岐島神社」の文字になっています。
ひき潮で大鳥居の近くに行けた時は確認してみてね^^

 
 

運行区間ルート:1泊2日(片道タイプ)の山陰下りコース

 
つづいて、運行区間ルート、1泊2日(片道タイプ)の山陰下りコースを紹介します。
 

1泊2日(片道タイプ):山陰下りコース
1日目 大阪駅・京都駅~山陰本線~城崎温泉駅(立ち寄り観光)~山陰本線~車中泊
2日目 ~山陰本線~東萩駅(立ち寄り観光)~山陰本線~下関駅

 
↓こちらが、山陰下りコースの運行ルートマップになります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート山陰下り
 
↓1日目立ち寄り観光の城崎温泉(きのさきおんせん)になります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート城崎温泉
 

立ち寄り観光の兵庫・城崎温泉では、昭和天皇や皇太子時代の天皇陛下など皇室の方も宿泊された貴賓館の詠帰亭や、志賀直哉が滞在した宿なども探訪します。
浴衣での城崎温泉街の散策も楽しみですね^^

 
 

運行区間ルート:1泊2日(片道タイプ)の山陰上りコース

 
それでは、運行区間ルート、1泊2日(片道タイプ)の山陰上りコースを紹介します。
 

1泊2日(片道タイプ):山陰上りコース
1日目 下関駅~山陰本線~出雲市駅(立ち寄り観光)~山陰本線~車中泊
2日目 ~山陰本線~鳥取駅(立ち寄り観光)~山陰本線~京都駅・大阪駅

 
↓こちらが、山陰上りコースの運行ルートマップになります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート山陰上り
 
↓1日目立ち寄り観光の出雲大社になります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート出雲大社
 

立ち寄り観光の出雲大社では、縁結びの神「大国主大神」をまつる出雲大社を参拝します。

 
 

運行区間ルート:2泊3日(周遊タイプ)の山陽・山陰コース

 
次に、運行区間ルート、2泊3日(周遊タイプ):山陽・山陰コースを紹介します。
 

2泊3日(周遊タイプ):山陽・山陰コース
1日目 下関駅~山陰本線~出雲市駅(立ち寄り観光)~山陰本線~車中泊
2日目 ~山陰本線~鳥取駅(立ち寄り観光)~山陰本線~京都駅・大阪駅

 
↓こちらが、山陽・山陰コースの運行ルートマップになります。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート山陰・山陽
 
↓2日目立ち寄り観光の宍道湖の夕陽は、言葉を失うほどの美しさです。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート宍道湖
 

立ち寄り観光の宍道湖の夕陽は、「日本の夕陽百選」にも選定されています。湖面が茜色に染まっていくようすは息を呑むような美しさです。

 
 
↓3日目立ち寄り観光の東浜駅・浦富海岸です。
トワイライトエクスプレス瑞風運行ルート東浜
 

立ち寄り観光の浦富海岸は、世界ジオパークに認定されている国際的な景勝地。
ここでは地引網の実演があります。

 
 
 

トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)の値段や予約状況は?

 
それでは、トワイライトエクスプレス瑞風の値段や予約状況について紹介します。
 
気になるトワイライトエクスプレス瑞風のお値段なのですが、今のところまだ公表されていませんm(_ _)m
 
そこで、2013年JR九州が運行する「寝台列車ななつ星」や2017年5月に運行する「トランスイート四季島」参考になるのではと思い値段を調べてみました。
 
「寝台列車ななつ星」の2017年春・夏(3月~9月出発分)の3泊4日の料金は以下のようになります。

寝台列車ななつ星・3泊4日コース
車内客室 出発日 旅行代金
スイート 3月~5月
6月~9月
680,000円~1,050,000円
630,000円~1,000,000円
DXスイート 3月~5月
6月~9月
780,000円~1,350,000円
730,000円~1,300,000円
最上級スイート 3月~5月
6月~9月
880,000円~1,550,000円
830,000円~1,500,000円

 
寝台列車ななつ星は、運行する時期などによって値段は違うようです。
つづいて、「トランスイート四季島」の3泊4日の料金の紹介になります。
 
「トランスイート四季島」の2017年9月~11月出発分の3泊4日の料金は以下のようになります。
※2017年5~6月運行開始の申込みはすでに締め切られております。

トランスイート四季島・3泊4日コース
車内客室 出発日 旅行代金
スイート 9月~11月 740,000円~1,155,000円
DXスイート 9月~11月 890,000円~900,000円
最上級スイート 9月~11月 940,000円~950,000円

 
トランスイート四季島は、2日目に立ち寄る宿泊地により料金に差が出ているようです。

トワイライトエクスプレス瑞風も時期によって値段が違ってくるのか現段階ではなんとも言えなのですが、豪華寝台列車という点で「寝台列車ななつ星」や「トランスイート四季島」と近い値段になるのではないでしょうか。
 

次に、予約状況を比べてみました。

■トランスイート四季島の2017年5~6月運行開始の申込み
最上級スイート1人94万円~95万円の最高倍率76倍!平均倍率6.6倍
 
■ななつ星の2013年運行開始前の予約状況
最上級スイート1人88万円~155万円の平均倍率7.2倍
ななつ星は運行開始から3年近く経過した今でも、最高倍率185倍、平均倍率24倍という大人気ぶりを維持しています。

 
ななつ星は一度利用した人が再度予約を入れるほどの、満足度の高さが人気の理由のようです。

ななつ星で旅するには、まだまだ狭き門のようですね^^;

トワイライトエクスプレス瑞風も、予約がなかなか取れない寝台列車になりそうな予感が…。
 
※トワイライトエクスプレス瑞風についてのお問合わせ
・JRおでかけネット https://www.jr-odekake.net/info/info.html
・JR西日本お客様センター 0570-00-2486
 
 
以上、今回は

  • トワイライトエクスプレス瑞風の車両の編成や運行区間ルートは?
  • トワイライトエクスプレス瑞風の値段や予約状況は?

についてご紹介しました。
 
 
いかがでしたでしょうか?

トワイライトエクスプレス瑞風は2017年春、運行を開始しますね。

まだ値段のことなど確定していないことがあるのですが期待感だけは高まります。

日頃頑張っている自分へのご褒美に、プチ贅沢な豪華寝台列車の旅など良さそうですね^^