七五三で神社などに行った時に祈祷をお願いするのに渡す初穂料。
七五三初穂料
私は自分の子供が七五三をするまで初穂料というものがあるとは知りませんでした。

ちなみに初穂料と書いて「はつほりょう」と読みますね。

だから子供の七五三をやる時に初穂料の書き方にすごく悩みました。

今回は七五三神社での初穂料の書き方を紹介します。

七五三を神社で行う場合の封筒の裏や金額の書き方や兄弟の場合も紹介していきますね。
 




スポンサーリンク

七五三初穂料の書き方:封筒の裏・金額の書き方

まずは七五三初穂料の書き方の封筒の裏や金額の書き方を紹介します。

その前に「初穂料はいくら包めば良いの?」と思う人もいると思うので、答えちゃいますが大体初穂料の相場は5,000円~10,000円ですね。

私は友人の子供が先にその神社で七五三をしていたので、友人にいくら包んだか聞いて5,000円持っていきました。

まずは七五三の初穂料を入れるお祝いの袋を購入しましょう

このタイプのお祝い袋ですね。
お祝いのし
袋は100円均一にもありますよ。

もし書くのであれば筆ペンが良いですよ!筆ペンも100円均一で購入できます。
筆ペン初穂料

七五三初穂料表書きの書き方

まずは七五三初穂料の表書きの書き方を紹介します。

表書きの上部分には「初穂料」または「御初穂料」場所によっては「玉串料」と書きましょう

そして水引より下の中央部分には子供の名前を書きます
初穂料お金書き方
親の名前を書きそうになりますが、初穂料は祈祷をうける子供の名前を書いてください。

この時期神社では七五三の祈祷を受ける人がたくさんいるため、神社の方で初穂料の名前を見て申込みをした人と名前が合っているのかなどを確認しています

そのため、親の名前でなく子供の名前を書くんですね。

調べていったら神社によってはなんと封筒の名前横に子供の年齢をこんな感じで書く場所もあるようです。
初穂料年齢も書く
事前に神社に申し込みをした時などに聞いてみると良いですね。

表の封筒はこれでオッケーなので、次は中の封筒を書いていきます

七五三初穂料中袋の表の書き方

次は七五三初穂料中袋表の書き方を紹介します。

中袋の表には「金◯円」と書きましょう
中袋初穂料書き方
「金伍千円」または「金壱万円」と書くと良いですよ。

そして中袋の裏には住所と子供の名前を書きます
七五三初穂料名前書き

ちなみに中袋にお金を入れたら糊付けはしなくて大丈夫ですよ!

そのまま表袋に中袋を入れて完成です!
 

七五三神社での初穂料の書き方:兄弟の場合

最後は七五三神社での初穂料の書き方、兄弟の場合を紹介します。

兄弟がいる人は「初穂料の封筒は兄弟分用意したら良いの?どう書いたら良いの?」と悩んでしまうかもしれません。

兄弟がいる場合の七五三の初穂料のやり方もとっても簡単なので紹介しますね。
七五三兄弟

兄弟で七五三をやる場合は初穂料のお祝い袋は1つで大丈夫です。

このように長男をフルネームで書いて、横に兄弟の名前を書いて連名にすると良いですよ。
七五三初穂料連名
兄弟がふたりでも三人でも何人いても書き方は一緒です。

中袋には同じように表に金額を書いて、裏に住所と子供の名前を連名で書きます
神社初穂料書き方
ちなみに封筒の書き方はこんな感じで簡単で良いのですが、初穂料の金額は初穂料×人数分になるので気をつけてくださいね。

例えば兄弟が2人で1人あたりの初穂料が5,000円なら5,000円×2人分で1万円という形になります

兄弟が3人だと5,000円×3人で15,000円となりますね。

ただし、神社によっては兄弟は割引になっていくらか安くなる場合もあるので、神社に七五三の予約をする時に兄弟の場合は初穂料はどうなるのかを聞いてみてくださいね。
七五三予約初穂料
私の友達は兄弟で申し込みをして1人目は5,000円だけど二人目は3,000円で良いといわれて、8,000円の初穂料で七五三を行いましたよ。

神社に予約をした時にお話をしてくれる所もあるので、よく聞いたら良いですよ。
 
 

以上、今回は

  • 七五三初穂料の書き方:封筒の裏・金額の書き方
  • 七五三神社での初穂料の書き方:兄弟の場合

について紹介しました。

七五三の準備はいろいろあるので、初穂料は早めに準備しておくと良いですよ。

兄弟の場合は割引もあるので確認を忘れずにしてくださいね。