2017年8月25日の10時頃に神奈川県の相模原市の公園でカエンタケが発見されたというニュースを見ました。

子供も遊ぶ公園でカエンタケが発見されるなんてとっても怖いと思いました。

カエンタケは猛毒を持つといわれていて、とっても危険な毒キノコなんですね。
カエンタケ

そこで今回は猛毒キノコカエンタケの症状や画像は何かを紹介します。

猛毒キノコカエンタケは見つけたら食べることができるのか、駆除方法も紹介しますね。
 




スポンサーリンク

猛毒キノコカエンタケの症状や画像は?見つけたら食べる?

まずは猛毒キノコカエンタケの症状や画像、見つけたら食べるのかについて紹介します。

猛毒キノコカエンタケの說明をします。
猛毒キノコカエンタケ症状
カエンタケの色は真っ赤で、根から何本かの茎が伸びているきのこです。

カエンタケが生えてくるのは、夏から秋にかけてで、枯れ木の根の部分や倒れた木に生えたりします
倒木カエンタケ

他の毒キノコも触るだけなら問題ないものが多いですが、カエンタケは触れただけでも危険性があるといわれていますよ。

カエンタケを触ってしまうと皮膚がただれてしまいます
カエンタケ症状

触ってしまってもただれてしまうので絶対に素手で触らないようにしてくださいね。

では、カエンタケを間違って口に含んでしまうとどうなるのか、症状を紹介していきます。

口内炎がたくさんできる
カエンタケ口内炎
※口に入れるととてつもない苦味を感じるカエンタケですが、一口食べると48時間以内にたくさんの口内炎ができてしまいます

嘔吐や激しい腹痛に呼吸困難などの重症症状
呼吸困難カエンタケ
※嘔吐や下痢などをしてから呼吸がしにくくなってきます。

ここで症状がどんどん悪化してしまう人は3日前後で亡くなってしまう場合もありますよ。

もしこの後に回復に向かえる人もこの苦しい症状は1ヶ月は続くといわれています。

さらに回復できても後遺症として以下の症状が残ってしまうといわれていますよ。
カエンタケ後遺症

・脱皮
・脱毛
・言語障害
・運動障害

 
すごく怖いですね。

ちなみにカエンタケに似ている無毒キノコもあります

ベニナギナタタケというキノコですね。
ベニナギナタタケカエンタケ
見た目は似ていますが、カエンタケのように色が真っ赤ではなく、オレンジ色をしているので間違えないようにしてくださいね。

ベニナギナタタケは美味しいかというとそうではなく、サラダなどの彩りとして使用されることが多いようですよ。

ベニナギナタタケだと思ってカエンタケを触ってしまい、中毒症状がでてしまう人がいるのでキノコを取る前によく確認してください。
 

猛毒キノコカエンタケの駆除方法

最後は猛毒キノコカエンタケの駆除方法を紹介します。

もしカエンタケを見つけたら…放置しておくと誰かが触ってしまうかもしれません。

最も良い方法は、市役所や保健所に電話をして、カエンタケがある場所を教えることです。
カエンタケ見つけたら電話
この時に何度もいいますが、絶対に触ったりしないようにしてくださいね。

もし自分でどうしても駆除したいという人は、以下の方法で駆除を行うと良いですよ。

カエンタケを自分で駆除をする方法

準備するもの

頑丈なゴム手袋
※少しでも触れてしまわないように厚手の頑丈なゴム手袋を準備します。
ゴム手袋
ショーワグローブで価格は1,296円。
せっけん
※どんな物でも良いですが、万が一手についた場合に洗い流すために準備をしておきます。

 

服装はなるべく肌が露出しないようなものを着てください。

こんな感じで前進を覆ってくださいね。
カエンタケ駆除
カエンタケは胞子を飛ばす可能性があり、胞子が肌についてもかぶれやただれがおきてしまうので、気をつけなければいけません。

カエンタケを抜いたら、誰も歩かないような場所に捨てるなどして駆除を行います。

その後は着ていた服を捨てて、せっけんで手を洗いましょう。

着ていた服に胞子がついていたり、カエンタケの汁がついている可能性があるので触れてしまうと大変危険です。

カエンタケを駆除していた時に着ていた服は全て袋などに入れて捨てるようにしましょう。
服捨てる
また、家に帰ったらシャワーを浴びてください。

シャワーを浴びることで、毒を洗い流すことができますよ。

なるべく自分で駆除をせずに保健所などの専門の方に駆除をしてもらうようにしましょう。

とても危険な猛毒キノコカエンタケなので、専門の方に委ねた方が安心ですね。
 
 

以上、今回は

  • 猛毒キノコカエンタケの症状や画像は?見つけたら食べる?
  • 猛毒キノコカエンタケの駆除方法

について紹介しました。

猛毒キノコカエンタケは全国あちこちの生活している場所でも発見されています。

見つけたら触らない、食べないようにしてくださいね。