年齢が上がってくると、友達のお父さんやお母さんが亡くなったり、おばあさんやおじいさんが亡くなることも多くなってきました。

仲の良い友達だと、友達の親にもとってもお世話になっている場合が多く、訃報を聞くと悲しくなります。

今回はお悔やみの言葉をメールで友達に送るにはどうするか、命日・四十九日・初盆の文例も紹介していきます。
 




スポンサーリンク

お悔やみの言葉をメールで友達に送るには?

まずはお悔やみの言葉をメールで友達に送るにはどうするかを紹介します。

お悔やみメールを出しても良い友人は親しい間柄のみで、気心がしれていない場合はお悔やみをメールではなく、電報か手紙にするようにすると良いですよ。
仲良し友達
お悔やみの言葉をメールで友達に送る時に気をつけることを紹介していきますね。

・忌み言葉を使わないようにする
忌み言葉使わない
忌み言葉とは、不幸が続いてしまうようことをイメージさせる言葉です。

例えば「再三」や「重ね重ね」「また」などなどの再び繰り返し起こってしまうような言葉を使用することはやめましょうね。

メールを送る時は相手の様子がわからないし、身内が亡くなって深い悲しみにくれている時は精神的にも弱っているので、些細な言葉にも敏感になってしまう場合があります。

忌み言葉を使用せずにお悔やみのメールを送るようにしてくださいね。

・言葉遣いは丁寧にする
丁寧お悔やみのメール
友達に送るお悔やみのメールなので、そこまで固くなる必要はありませんが、相手を思いやって弔意をあらわすので丁寧な言葉で送ると良いですよ。

・前置きはいらない
前置き訃報メール
身内が亡くなると悲しんでいる暇もないくらい次から次にやることがあり、とっても忙しいです。

お悔やみのメールなので、長々といろいろ書く必要はありません。

相手が読む時間をかけないように短めの文にすると良いですよ。

・「タイトル」を活用してお悔やみメールだとわかりやすくする
お悔やみメールわかりやすい
メールには「タイトル」を書く場所と「本文」を書く場所があります。

タイトルの場所にわかりやすく「お悔やみ申し上げます」と入れてから本文をうつようにすると良いですね。

こうすることで相手に時間をとらせずにメールをおくることができます。
 

お悔やみの言葉!命日・四十九日・初盆の文例も!

最後は友達への命日・四十九日・初盆の文例も紹介していきます。

友達に命日に送るお悔やみの文例

まずは命日に友達に送るお悔やみの文例を紹介しますね。

命日といってもまだまだ亡くなった方のことを忘れられずに悲しみにくれているかもしれません。

相手の体調や気持ちを汲むような文章が良いですよ。

タイトル:(自分の苗字)です。
本文:今日は〇〇さんのご命日ですね。
〇〇さんはあなたのことを見守っていると思います。
心よりご冥福をお祈りします。
色々と忙しいかと思いますが体に気をつけてください。

 

とっても親しい友人には堅苦しくなく書いても良いです。

タイトル:お悔やみ申し上げます
本文:もうすぐ命日だね。
悲しみで気持ちもいっぱいで何も手につかないと思うけど、少しでもあなたが前に進めたら良いなと願っているよ。
大変だと思うけど陰ながらあなたを応援しているよ。
私で良ければいつでも連絡をください。

 

亡き個人を敬うとともに、友達をいたわる言葉をかけてあげると良いですね。
友達慰める
 

友達に四十九日に送るお悔やみの文例

四十九日は亡くなって日も全然経っていないので、まだ悲しみの中にいると思ってください。
悲しみ
前向きになるような言葉がけをする必要はないので、生前にお世話になった感謝と悲しみのお悔やみの言葉をかけてあげると良いですね。

タイトル:お悔やみ申し上げます
本文:◯◯が亡くなったと聞き、突然でとても驚きました。
お見舞いにも行けずに申し訳く思っています。
さぞかし悲しんでいることでしょう。
生前、話を聞いてもらったり、ご飯を食べさせてくれたり本当にお世話になりました。
今はあの時のすてきな姿をしのんでご冥福を祈らせていただきますね。
つらいかと思いますが体に気をつけてください。

 

もっと親しい人には固くならずに送っても良いですね。

タイトル:お悔やみ申し上げます
本文:もうすぐ四十九日ですね。
◯◯さんが亡くなってとっても辛かった時に力になれなくてごめんね。
私にできることがあれば何でもいってね。
体を大事にしてね。

 

友達に初盆に送るお悔やみの文例

初盆
亡くなった人が最初に迎えるお盆のことを初盆といいます。

初盆も相手を思いやる文面にすると良いですよ。

タイトル:お悔やみ申し上げます。
本文:◯◯の初盆を迎えて、ますます悲しみが募っているかと思います。
心よりお悔やみを申し上げますね。
家族の皆さんの健康をお祈りしています。

 

もし遠くに住んでいて足を運べない場合は以下のように書くと良いですよ。

タイトル:お悔やみ申し上げます
本文:お伺いできずに心ばかりの線香を送って亡くなった◯◯さんをしのびたいと思っています。
ご冥福をお祈りします。
家族皆さんの健康を心からお祈りいたします。

 

文面は忌み言葉などを使わなければ大丈夫です。

相手の状態を考えながら文を考えましょう。
 
 

以上、今回は

  • お悔やみの言葉をメールで友達に送るには?
  • お悔やみの言葉!命日・四十九日・初盆の文例も!

について紹介しました。

お悔やみの言葉をメールで送る場合は相手を思いやる言葉をかけるようにすると良いですよ。

文例も参考になると嬉しいです。