ハロウィン映画子供向け動画
ハロウィンだからこそ、ハロウィン映画を楽しんでみませんか?

今回は、ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画のご紹介です。

ハロウィンを題材にしたディズニーやアニメ映画や、家族で一緒に楽しめるハロウィン映画の人気作品をお伝えしていきます。




スポンサードリンク

ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:人気作品

ハロウィン映画の子供と一緒に見ることが出来る、おすすめの動画。

ネット上で調べましたら、以下の3作品が常に人気でおすすめされていましたので、当サイトでもご紹介いたします。

ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:ホーンテッドマンション

ハロウィン映画子供向け動画おすすめ3
2003年・アメリカの作品
監督:ロブ・ミンコフ
出演:エディ・マーフィ/山寺宏一
   テレンス・スタンプ/滝田裕介
   ナサニエル・パーカー/山路和弘
   マーシャ・トマソン/鈴木ほのか
   ジェニファー・ティリー/木の実ナナ

ホーンテッドマンション:あらすじ

ある日、不動産業を営んでいるジム(エディ・マーフィ)のもとへ突然「屋敷を売りたい」と電話が入ります。

あいにく指定されたその日は、久々の家族旅行に出かける予定が入っています。

妻のサラ(マーシャ・トマソン)は旅行を優先させたいのですが、仕事一筋のジムには聞き入れてもらえません。

ジムは、臆病者の息子と強気な性格の娘を連れて指定された日に屋敷に向かいました。

屋敷での打ち合わせを終えて、さぁ旅行に行こう・・・とした時突然、雨が降ってきます。

あまりの大雨に身動きが取れなくなったジムと家族たちは、仕方なく屋敷で一夜を過ごすことになるのですが・・・。

 

ホーンテッドマンション:ひと言コメント

ホーンテッドマンションは、世界各国のディズニーパークにある、人気のアトラクション「ホーンテッドマンション」を映画化したものになります。

きっとディズニーファンなら、「あの場所だ!」って分かるから見ていて面白さ倍増するのでは?

※東京ディズニーランドのホーンテッドマンションの設置場所はファンタジーランドにありますよ。

↓ホーンテッドマンションの設置場所はこちらです。
ハロウィン映画子供向け動画おすすめ4

↓乗り物はこんな感じですよ。
ハロウィン映画子供向け動画おすすめ5
作品自体は、ホラーコメディになり、ホラー的な仕掛けや軽いドッキリもありますが、怖い!!ということも無いので、子供さんでも十分に楽しんでいただけますよ^^

 

ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:E.T

ハロウィン映画子供向け動画おすすめ2
1982年・アメリカの作品
監督・製作総指揮:スティーヴン・スビルバーグ
出演:ヘンリー・トーマス/村上想太
   ドリュー・バリモア/松野瞳
   ロバート・マクノートン/林勇
   ディー・ウォレス/藤生聖子
   パット・ウェルシュ/水原リン

E.T:あらすじ

物語は、ある日の夜、森のなかに宇宙船が着陸し、その中から出てきた一人の宇宙人が、地上に取り残されるところから始まります。

この取り残された宇宙人がE.Tです。

E.Tは住宅地へ移動し、物置小屋に隠れているところをエリオットに見つかってしまいます。

でもエリオットはE.Tを見て怖がることもなく、自分の部屋に連れて行き、交流を深めていきます。

いつしかエリオットとE.Tの間には、心が通いあうようになり、E.Tの行動とエリオットの行動が同じになることも。

例えば、E.Tがビールを飲めば、学校で授業を受けているエリオットが突然酔っぱらいの様になります。

E.Tとエリオットの深まっていく中で、エリオットはE.Tが故郷に帰りたがっていることに気づき、何とかしてE.Tを故郷に帰してあげようと考え、実行したその日がハロウィンの夜。

エリオットはE.Tに白い布をかぶせ、おばけの仮装をさせて、自転車のかごに乗せ森に向かいます。

そうです、E.Tが地上に降り立ったあの森です。

この場所に、E.Tが故郷に帰るための準備をしに来たのです。

しかしE.Tの存在は科学者の耳に入り、突然エリオットの家に押しかけてきてE.Tは隔離されてしまい瀕死の状態になってしまいます。

そしてE.Tは帰らぬ人となり、悲しみにくれているエリオットの前で・・・突然E.Tの胸が赤くなり息を吹き返しました。

生き返ったE.Tをエリオットは故郷へ帰してあげることが出来るのでしょうか・・・。

 

E.T:ひと言コメント

E.Tとエリオットとの交流を描いた、心あたたまるシーンが多い「E.T」は、何度観ても感動する映画の一つです。

そしてE.Tはハロウィンの夜が大きなカギだったことも、映画を見ていたらわかります。

おばけに仮装させられたE.Tをエリオットの自転車のかごに乗せ、満月を横切って空を飛ぶ印象的なシーンがあります。

まさにハロウィン映画にふさわしく、子供におすすめしたい動画です。

是非この機会に、子供さんと一緒に見てE.Tをご覧になってみませんか?

 

ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:キャスパー

ハロウィン映画子供向け動画おすすめ
1995年・アメリカの作品
監督:ブラッド・シルバーリング
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
出演:クリスティーナ・リッチ/宮島依里
   ビル・プルマン/大塚芳忠
   キャシー・モリアーティ/塩田朋子
   エリック・アイドル/牛山茂
   デヴォン・サワ/淺井清己

キャスパー:あらすじ

このお話は、古びた屋敷が舞台になります。

せっかく相続した屋敷におばけが出ることに頭を悩ました依頼人は、何とかおばけを退治して大金を手に入れようと企ていました。

そのためにはおばけ退治をしなくては!

そこで除霊の依頼をしたのがハーヴェイ博士。おばけのことを専門にセラピーを開いている心霊学者です。

依頼を受けた博士は、一人娘のキャットを連れて古びた屋敷に訪れます。

古びた屋敷に居座りいたずらをするのは、3人組のおばけ。

博士とその娘・キャットにも、色々ないたずらをしていきます。

しかしキャスパーだけは、いたずらをするどころかキャットと仲良くなろうとキャットの前に姿を現すことに。

初めは怖がっていたキャットも次第にキャスパーと打ち解けていきます。

そんなある日、屋敷でハロウィンパーティーが開かれることになり沢山の人が屋敷に集まってきて、キャスパーもキャットもパーティーに参加しそこで見たものは・・・?

 

キャスパー:ひと言コメント

寂しがり屋の可愛いおばけキャスパーの物語で、とにかく登場するキャラクターが本当に可愛いんです。

そして、可愛いおばけキャスパーとの友情を描いたストーリーに見ていて心がほっこりします。

物語の中で、ハロウィンパーティーが行われるシーンもありますので、まさにハロウィンの時期にピッタリの、子供におすすめの映画です。

 


▲ 目次に戻る

ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:ディズニー作品

ここからは、ハロウィン映画にピッタリのディズニーの子供向けのおすすめ動画をご紹介します。

ハロウィン映画の子供向けディズニー:ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

ハロウィン映画子供向け動画ディズニー3
1993年・アメリカの作品
監督:ヘンリー・セリック
製作:ティム・バートン
出演:クリス・サランドン/市村正親
   キャサリン・オハラ/土居裕子
   ウィリアム・ヒッキー/三ツ矢雄二
   グレン・シャディックス/大平透
   ポール・ルーベンス/園岡新太郎

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス:あらすじ

ハロウィン・タウンの住人たちに、パンプキン・キング(かぼちゃ畑の王)と呼ばれている、ジャック・スケリントンは、人を怖がらせることにかけてはすぐれた才能を持つていました。

ハロウィンだってお手の物!

でも、毎年ジャック・スケリントンに驚かせてもらうことを楽しみにしてる住人たちの期待をよそに、当の本人は不満だらけ。

なぜなら、ハロウィンの意味は理解せず、ただ毎年同じことの繰り返しだと思っていたからです。

そんなジャック・スケリントンが、森の奥で不思議な扉のついた木を見つけました。

扉を開いたジャック・スケリントンの目の前には、これまで見たことのない陽気で明るい「クリスマスの・タウン」の世界が広がっています。

何か新しいことがないものか?

刺激的なことを探していたジャック・スケリントンにとって、まさに求めていたものです。

さぁ、人を怖がらせることにかけてはすぐれた才能を持つジャック・スケリントンは、早速ハロウィン・タウンをクリスマス・タウンのように変えていこうと企てていくのですが、クリスマスの本当の意味を理解していないジャック・スケリントンの行動は空回りし、住人たちをどんどん巻き込んでいきます。

 

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス:ひと言コメント

軽快な音楽に合わせたミュージカル調に、ユーモアを交えた映画になります。

物事の本質を理解せずに、上辺だけの楽しさを求めた結末はどうなるのか?

ハロウィン映画を見ながら子供と一緒に、自分だったらどんなハロウィン・タウンを作りたいか?など、話してみるのもいいですね♪

 

ハロウィン映画の子供向けディズニー:モンスターズインク

ハロウィン映画子供向け動画ディズニー2
2001年・アメリカの作品
監督:ピート・ドクター
製作:ダーラ・K・アンダーソン
出演:ジョン・グッドマン/石塚英彦
   ビリー・クリスタル/田中裕二
   メアリー・ギブス/井上愛理
   スティーヴ・ブシェミ/青山穣
   ジェームズ・コバーン/大平透

モンスターズインク:あらすじ
ディズニー/ピクサーのフルCGのアニメーション映画

恐るべしモンスターの世界。

大きくて毛がもじゃもじゃの青いモンスターサリーと、緑色の一つ目モンスターのマイクは同じ会社に勤めるいわば同僚の間柄。

モンスターズ・インクの業務内容は、色々なキャラクターのモンスターたちが人間の子供の部屋へそっと忍び込み、子供たちを怖がらせる!

怖がる子供たちの「キャーキャー」の悲鳴こそがをエネルギーの素。

このエネルギーの素をモンスターの世界へ供給するのが、モンスターたちの仕事。

モンスターの世界では、人間の子供を怖がらせるのが仕事だけど、人間の子供は危険だと恐れてもいました。

毛むくじゃらのサリーは、人間の子供を怖がらせる「ナンバー・ワンの怖がらせ屋」

他のモンスターたちからも、絶大な支持を得ています。

そんな中モンスターズインク社に経営の危機が・・・。

最近の子供は、あまり怖がらないのが経営不振の原因です。

怖がってくれないと、エネルギーが供給できませんからね。

そんなある日のこと。

人間の女の子ブーが、ドアの向こうからこちらへ入って来るところに、サリーは鉢合わせ!

相棒であるマイクに相談し、ブーをなんとか人間の世界に戻そうと奮闘するサリーとマイク。

でも、このブーとの出会いでサリーとマイクの心にも変化が訪れてきます。

 

モンスターズインク:ひと言コメント

ナンバー・ワンの怖がらせ屋と言っても、実は心優しい毛むくじゃらモンスターのサリーと、相方の緑色の一つ目モンスターのマイクとのコンビが軽快でコミカル!

見ていてとても楽しいです^^

人間の女の子ブーがサリーに甘えるシーンがあって、恐れていたはずの人間の子供をあやす、そのときサリーの母性愛?(父性愛?)がにじみ出ていて、心がほっこり温まります。

子供たちみんなで、出てくるキャラクターのハロウィン仮装をして映画を見ると、楽しく盛り上がりますよ♪

 

ハロウィン映画の子供向けディズニー:くまのプーさん ランピーとぶるぶるオバケ

ハロウィン映画子供向け動画ディズニー
2005年・アメリカの作品
監督:フランク・ニッセン

くまのプーさん ランピーとぶるぶるオバケ:あらすじ

はじめてのハロウィンを迎える“ズオウ”の子供・ランピー。

捕まえると願い事が叶うといわれる、ハロウィンのオバケを捕まえるために、親友のルーと一緒に数々の冒険を立ち向かっていく物語。

100エーカーの森は、ランピーのはじめてのハロウィンを盛り上げるためにふざけあっていました。

友達のルーはハロウィンのオバケ、ゴブルーンを捕まえる冒険にランピーを誘います。

果たしてランピーとルーはオバケを捕まえることができるのでしょうか。。。

 

くまのプーさん ランピーとぶるぶるオバケ:ひと言コメント

ディズニーアニメで人気の、くまのプーさんシリーズのランピーとぶるぶるオバケです。

くまのプーさんのハロウィーンの物語で「ハロウィーンは怖くないよ!」といったお話なので、小さい子供達におすすめのハロウィン映画です。

 

余談ですが・・・。

100エーカーの森ってどのくらいの広さ?

1エーカーは約4000㎡なので、100エーカーとなると40万㎡! 

東京ドームが46,755㎡なので約8.5個分になります。

 


▲ 目次に戻る

ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:アニメ作品

最後に、ハロウィン映画の子供向けアニメのおすすめ動画をご紹介します。

ハロウィン映画の子供向けアニメ:スヌーピーとかぼちゃ大王

ハロウィン映画子供向け動画アニメ3
1966年・アメリカの作品
監督:ビル・メレンデス

スヌーピーとかぼちゃ大王:あらすじ

トリック・オア・トリート!

ハロウィンでは、みんながおばけや自分の好みのものに仮装して「お菓子をくれないといたずらするよ」と家々を回ります。

そんな中、ライナスだけは違っていました。

自分が仮装するのではなく、現れるかぼちゃ大王を出迎えようとしています。

だって、かぼちゃ大王はライナスのお願いごとを聞いてくれると、ライナスだけは信じていたからです。

いつまでたってもお菓子をもらえないのは、やたらとたくさんの覗き穴を空けた、おばけの仮装をしたチャーリー・ブラウン。

スヌーピーはどんな仮装をしているのでしょうか?

それは、飛行機に乗ったパイロット姿。これがなかなかキマっています!

このお話は、ハロウィンをテーマに、ピーナッツの仲間たちが大活躍するおはなしです。

 

スヌーピーとかぼちゃ大王:ひと言コメント

ジャズっぽい音楽に乗ってお話が展開するスヌーピーとかぼちゃ大王は、見ていてとても楽しい気分にさせてくれます。

リズムに乗って身体をスイングさせる、小さいお子さんにピッタリのハロウィン映画です^^

 

ハロウィン映画の子供向けアニメ:魔女の宅急便

ハロウィン映画子供向け動画アニメ2
1989年・日本の作品
監督:宮崎駿
出演:高山みなみ
   佐久間レイ
   戸田恵子
   山口勝平
   信沢三恵子

魔女の宅急便:あらすじ

この話はスタジオジブリの作品になります。

魔女になるために、修行の旅に出る女の子キキの話です。

キキが選んだ魔女修行の場所は海辺の町コリコ。

住むための家を探していたら、人のいいパン屋のご夫婦との出会いがありました。

親切なパン屋のおかみ・おソノさんと交わした、住み込みさせてもらう条件は、お店のお手伝いをすること。

キキは唯一使える魔法、ホウキで空を飛ぶ能力を活かして“お届け屋さん”の仕事を始めることにしました。

決して、魔女の修行は楽ではありません。

雨の中、ホウキで飛んでお届け物のパイを運び風邪をひいてしまうキキ。

風邪をひいた事で、キキの唯一の魔女としての魔法が効きません。

何とかして取り戻そうとするのですが、焦れば焦るほど、ホウキはへんてこな方向へ飛んでいきます。

スランプに落ち込んだ時、キキを助けてくれたのはパン屋の女将さんだったり、友だちだったり。

何とか唯一使える魔法を取り戻すのですが、この先、キキは“お届け屋さん”の仕事を続け、魔女の修行に選んだ海辺の町コリコで暮らしていくことが出来るのでしょうか。

 

魔女の宅急便:ひと言コメント

親切なパン屋のおかみ・おソノさんや、空を飛ぶことを夢見る少年トンボ、女子画学生のウルスラなどとの関わりの中で、キキは人として大切なものを学んでいきます。

周りの人たちも、キキのドジだけど一生懸命な姿を見て一人前の魔女になるのを応援します。

そんな、人間味あふれる人と人とのふれあいを描かれた魔女の宅急便。

キキが町を飛ぶ風景は見ていて爽快です!

タイトルが「魔女・・・」ということで選んでおりますが、是非子供さんと一緒に見ていただきたい、おすすめのハロウィン映画です。

 

ハロウィン映画の子供向けアニメ:それいけ!アンパンマン おともだちシリーズ/パーティー メロンパンナとねがい星かなえ星

ハロウィン映画子供向け動画アニメ
2008年・日本
監督:永丘昭典
原作者:やなせたかし
出演:戸田恵子
   中尾隆聖

それいけ!アンパンマン おともだちシリーズ/パーティー メロンパンナとねがい星かなえ星:あらすじ

テレビシリーズ『それいけ!アンパンマン』

アンパンマンを見て育った世代が今ではお母さんになり、自分の子供と一緒に改めて見ている方も多いのでは?

アンパンマンはいろいろなシリーズがあり、その内容に合わせて多くのキャラクターが誕生しています。

今回はハロウィン映画でご紹介していますので、季節ごとの行事が入ったシリーズになり、ハロウィンのお話は、2話目に入っています。

 

それいけ!アンパンマン おともだちシリーズ/パーティー メロンパンナとねがい星かなえ星:ひと言コメント

それいけ!アンパンマンは子供アニメの王道的存在です。

低年齢のお子さんと一緒に、色々な季節の行事を教えるのにもピッタリの作品になっています。

ハロウィン映画で子供におすすめのシリーズ・おともだちシリーズ/パーティー メロンパンナとねがい星かなえ星でした。

 

以上、今回は

  • ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:人気作品
  • ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:ディズニー作品
  • ハロウィン映画の子供向けおすすめ動画:アニメ作品

についてご紹介してきました。

ハロウィン映画の子供向けのおすすめ動画で、気に入った作品は見つかりましたか?

ハロウィン映画を見て、子供たちと一緒にハロウィンパーティーを楽しみましょう♪