我が家ではドラム式の乾燥機能付きの洗濯機を使用しています。

天気が悪い時や洗濯物を干す時間が無い時は、乾燥機能を使っていて手放せない存在です。

ふと、洗濯物のにおいが気になる時があって、何が原因なのか調べてみました。
 
 
すると、洗濯槽の見えないところにカビが発生したり、雑菌が繁殖してしまう事が大きな原因だそう。

カビや雑菌が発生することは知っていましたが、そのほかにも意外な原因があって驚きました。

その洗濯機で毎日洗濯して「きれいになった~」と思いながら干していたので「カビが生えてるのかな・・・」と予想はしていましたがショックです・・。
 

同じようにドラム式洗濯機・乾燥機自体や洗濯物がくさくなってしまったという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、ドラム式洗濯機・乾燥機の臭いの原因や対処法についてまとめてみました。

ドラム式洗濯機・乾燥機
 
 




スポンサーリンク

ドラム式洗濯機・乾燥機が臭い原因は?

ドラム式洗濯機・乾燥機のにおいの原因とは一体何が考えられるのでしょうか?

原因は大きく分けて以下の4つです。

  • 生臭いにおいは洗濯槽にカビが原因!
  • 雑巾のようなにおいは雑菌が原因!
  • 下水のにおいは排水口の汚れが原因!
  • 洗剤や柔軟剤、入浴剤もにおいの原因に!

 

一つずつ原因と対策についてご説明していきたいと思います。

生臭いにおいは洗濯槽にカビが原因!

生臭いようなにおいは洗濯槽にカビが繁殖していることが原因と考えられます。

ダスキンのホームページによると、カビは酸素・温度・湿度・栄養・時間の4つの条件が揃っている時に発生するそうです。

以下のように、洗濯機の中はカビが発生する条件が十分そろっているのです。

  • 酸素・・・カビの活動には酸素が必要です。
  • 温度・・・洗濯機が稼働する時の熱や乾燥機を使った後の熱が洗濯機にこもっている状態。
  • 湿度・・・洗濯前や洗濯後の衣類が湿っている状態。
  • 栄養・・・落としきれなかった食べかすや汗などの汚れがカビの栄養源に。
  • 時間・・・洗濯物が洗濯機から取り出されるまでの時間。

 

対策としては次の2つのような方法があります。

・定期的に洗濯槽の掃除をして、清潔に保つ。

・湿度が高くならないように洗濯機を使用していない時はドアを締め切らないで開けておく。

※お子さんがいらっしゃるお家は、お子さんが洗濯機に入らないように十分注意してください。

ドアストッパーを応用するとかお子さんが家にいる時間帯はチャイルドロックしておくなどの工夫をぜひお願いします。

洗濯機や乾燥機の中でにおいの原因になるカビ
 
 

雑巾のようなにおいは雑菌が原因!

雑巾のようなにおいは洗濯物に繁殖した雑菌が原因と考えられます。

花王のホームページによると、菌は15度から45度の間で増殖しやすく、特に35度前後は活発に増殖するそうです。

夏場は洗濯機の中の気温があがりやすいですし、乾燥運転した後は当然温かい状態です。

そのため、洗濯物を洗濯機の中に長時間放置すると雑菌が繁殖しやすいです。

同時にカビも発生してしまいます。
 
 
カビと雑菌は似ているようですが構造や増殖方法に違いがあるのはごぞんじですか?

雑菌は一つの細胞からできていて、細胞分裂をして増えるのに対して、カビは複数の細胞からできています。

空中に放出された胞子が水分を吸収して発芽し、菌糸という長細い細胞が伸びたり枝分かれして、胞子を放出して増えていくんです。
 
 
構造や増え方に違いがありますが、どちらも水分や汚れを必要とします。

そして生きていくために適した温度があるということも重要ですね。

温かい風呂の残り湯は雑菌やカビが増えるのにうってつけです。

お風呂の残り湯を使うとエコですが、残念ながらカビや雑菌を洗濯機に入れているという側面もあるんです。
 
 
対策としては次の4つのような方法があります。

・洗濯機の中に衣類を入れたままにしない。

洗濯前の衣類は風通しの良い場所に置いておきましょう。

洗濯する直前に洗濯機に入れて、洗濯が終わったらすぐ洗濯物を出すようにできるといいですね。

・お風呂の残り湯を使う頻度を減らす。

・洗濯時に洗剤一緒に除菌効果がある漂白剤を使用する。

日立ホームページによると、においを軽減するのには酸素系漂白剤が有効だそうですよ。
また、液体よりも粉の方が洗浄力が強いです。

・お風呂の残り湯や洗剤を洗い流すためにすすぎの回数を増やす。

日立やPanasonicのホームページによると、「すすぎは3回以上、注水すすぎ」にして様子をみるという事が記載されています。
 

下水のにおいは排水口の汚れが原因!

下水のようなにおいは洗濯槽や洗濯物ではなく、排水口や排水トラップにホコリや汚れが溜まっている事が原因です。

排水トラップとは、排水口と下水管を繋ぐところに設置されていて、下水のにおいを防ぐ事ができるものです。

古い賃貸物件などにはついていないこともあるそうなので、下水のにおいが気になる場合は確認してみましょう。
 

洗濯機の排水トラップ

ミヤコ MBカセット式クリーン型洗濯機排水トラップ(VP・VU兼用) MB44CWM 洗濯機パン 床上接続タイプ リフォーム コンパクト 排水口 ニオイ防止 臭気防ぎ

 

また、乾燥運転したあとは、排水トラップの水が蒸発してなくなってしまします。
そうすると下水のにおいが上がってきてしまいます。

下水のようなにおいの対策としては次の2つのような方法があります。

・排水口の掃除。

・排水トラップが無ければ設置する。

簡単なようですが、なかなか掃除しない場所ではないでしょうか。

でも、月に1回は掃除した方がいいですよ!
 
 

洗剤や柔軟剤、入浴剤もにおいの原因に

洗剤や柔軟剤の量が多いと洗濯槽に残ってしまいにおいの原因になります。

また、入浴剤が入った風呂水もにおいの原因になるそうです。

洗剤や柔軟剤が溶け残ったり、排水されなくてそのにおいが残ってしまうんですね。

私は洗剤などはしっかり流されているものと思っていたので、意外な原因だと思いました。

対策としては次の3つのような方法があります。
 

・洗剤や柔軟剤は適量使用し、においの少ないものを使う。

・しっかり洗い流せるように「注水すすぎ」にしたり、すすぎの回数を増やす。

・入浴剤の入った風呂水は使用しない。
 

原因への対処法についてまとめると、以下の7点に注意する必要があるようですね。

  • 定期的に洗濯機や排水口付近の掃除をする。
  • 洗濯機を使わない時はドアを開けておく。
  • 洗剤や柔軟剤を適量使用する。
  • 洗濯時に洗剤一緒に除菌効果がある漂白剤を使用する。
  • 洗濯物は洗濯機内に置いておかない。
  • お風呂の残り湯はあまり使わない。
  • すすぎの回数を増やしたり、注水すすぎをする。

 

日頃気をつけておきたいポイントですが、やはりいちばん大事なのは「定期的に洗濯機や排水口付近の掃除をする」という事だと思います。

ドラム式洗濯機・乾燥機の内部


スポンサーリンク

ドラム式洗濯機・乾燥機の掃除方法

洗濯槽の掃除をすることと、排水口や排水トラップを掃除する事が洗濯機のにおいを解消するために大切だという事がわかりました。

洗濯槽、排水口・排水トラップの清掃は月に1回を目安に忘れずに行いましょう。

洗濯槽の清掃方法

多くのメーカーで洗濯槽を洗浄するモードがあります。

取扱説明書やメーカーのホームページで洗浄方法が確認できます。
 
 
またネットで調べてみると以下の方法が見つかったのでご紹介します。

1.洗濯槽の中を柔らかい布で拭き取る。

2.洗濯槽を空の状態で洗濯槽に水を貯める。

3.水50 Lに対して「衣類用の塩素系漂白剤」200 mLを直接洗濯槽に入れる。

(酸素系漂白剤は発泡するので、洗浄中に泡立ちすぎて途中で排水されてしまうことがあります。)

4.約11時間つけ置きしてから、洗濯槽の中に浮いたゴミやカビを取り除きます。

5.すすぎと脱水を行います。

「衣類用の塩素系漂白剤」を使ってもイマイチにおいが取れない場合や、久しぶりに掃除するからしっかり汚れが落ちるか不安・・・
という場合は「洗濯槽専用のクリーナー」を使用する方法もありますよ。

こちらの洗濯槽クリーナーはゴムパッキンのカビもきれいになる!と口コミがありました。

しかも各種メーカーのドラム式洗濯機に使用可能です。
 
洗濯機の掃除に使うクリーナー
◆在庫あり◆◆送料無料◆東芝 洗濯槽クリーナー 洗濯槽のかび取り用洗浄液 T-W1 塩素系 他メーカー対応◆洗濯機 ドラム式洗濯機に最適
 

排水口の清掃方法

排水口や排水トラップの掃除って普段目につかないので、結構忘れがちですよね。

外したりするのが面倒だし、そもそも私は外し方がわかりません。

排水口や排水トラップの外し方について調べてみたところ、こちらの動画が参考になりました。

マイナドスライバーを使うと外しやすいようですね。

動画タイトル:洗濯機の排水口のつまりに!【洗濯機排水口のお掃除】外し方・取り付け方
https://youtu.be/90jizDCvcvM

排水口の外し方がわかったところで、排水トラップの清掃方法をご説明していきます。

大きなゴミを取り除いてからパーツごとに歯ブラシなどでこすって汚れを落としていきます。

お湯の中につけながらこすったり、重曹をつけてこすると汚れが落ちやすいですよ。

排水口はブラシなどが届く範囲の大きな汚れを取り出し、細かい汚れは水を流しながらこすって落としましょう。

排水トラップと排水口がきれいにできたら排水トラップを元に戻します。
 
 
ドラム式洗濯機は縦型洗濯機より排水能力が少ないので、汚れが詰まりやすいそうです。

普段は忘れがちな排水口ですが、排水口が詰まってしまうと掃除業者に掃除を依頼しなくてはならない場合も出てくるかもしれませんね。

定期的な掃除を心がけましょう!
 

ドラム式洗濯機・乾燥機のにおい対策

ドラム式洗濯機・乾燥機のにおい対策について調べてみると、「乾燥機用の柔軟剤シートを使うと臭いにおいが消えた」という方法がありました。

でも洗濯機にはカビや雑菌などが残っている訳で、香りをつけてもその場しのぎじゃないかなと思います。

やはり定期的な清掃や洗剤や柔軟剤を適量使うことが重要です。
 

以上、ドラム式洗濯機・乾燥機が臭い原因や清掃方法などの対処法についてまとめました。
 

においの原因は以下の4つある事がわかりました。

  • 生臭いにおいは洗濯槽にカビが原因!
  • 雑巾のようなにおいは雑菌が原因!
  • 下水のにおいは排水口の汚れが原因!
  • 洗剤や柔軟剤、入浴剤もにおいの原因に!

 

そして、においへの対処法は以下の7つです。

  • 定期的に洗濯機や排水口付近の掃除をする。
  • 洗濯機を使わない時はドアを開けておく。
  • 洗剤や柔軟剤を適量使用する。
  • 洗濯時に洗剤一緒に除菌効果がある酸素系漂白剤を使用する。
  • 洗濯物は洗濯機内に置いておかない。
  • お風呂の残り湯はあまり使わない。
  • すすぎの回数を増やしたり、注水すすぎをする。

 
 
 
普段から正しい使い方をする事と、定期的な掃除が大事ですね。

洗濯機の中の汚れは洗濯物が臭うだけでなく、排水口が詰まったりして故障の原因にもなりかねないなと思いました。

排水口や排水トラップの清掃方法は大変な作業だと思っていましたが、意外と簡単だったので、月に1回は忘れずに掃除しようと思います。