一生に一度のイベントである七五三

 

主役であるお子さんもご家族の方も楽しみにされていることでしょう。

 

しかし迷ってしまうのが七五三の着物ですよね。

 

3歳を過ぎると外見も中身もぐっと成長し、「幼児」というイメージからは離れていくので、幼い時に着物を着る最初で最後のチャンスかもしれないですね。

 

7歳の女の子はおしゃれ心が芽生えてくる頃なので、好きな色や柄の好みもあると思うので一緒に選ぶ楽しみもあます。

 

また流行りの着物も気になるところ。

 

一度七五三を経験されていても、3歳と7歳では着物の着付け方が違ったり、トレンドが変わっていると思います。

 

そこで、今回は3歳と7歳の女の子の着物のトレンドや違いについて調べてみました。

 
七五三を迎える子供

 

 

 

 




スポンサーリンク

七五三の着物レンタルの相場は?

 

七五三の着物のレンタルにはどのくらい費用がかかるのでしょうか。

 

着物レンタルを取り扱う大手や楽天ショップの中から定番からレトロやモダンな着物までを多く取り扱っているお店をピックアップして調べてみました。

 

チェックしたのは次のお店です。

 

・着物レンタルRENCA

・京都かいしょう・灯屋2 Kimono Rental

・キモノガール

・晴れ着の丸昌

・e-きものレンタル

・貸衣装 ぽえむ 楽天市場店

 

モダンな着物を着た女の子
 
お店の特徴とレンタル価格をまとめたので参考にしてください。

 

着物レンタルRENCA

 
七五三の着物のレンタルはRENCA
 

定番の柄の着物もありますがおしゃれな着物が多い印象。

3歳用の着物も7歳用の着物も4,800円から取り揃えていてお手頃ですね。

レトロやモダンの着物となると19,800円です。

↓着物レンタルRENCAのホームページはこちらです。
https://renca.jp
 

晴れ着の丸昌

 
七五三の着物のレンタルは晴れ着の丸昌
 
着物のレンタル、販売専門店の丸昌は何と言っても種類が豊富なのが特徴です。

レンタル価格は6,480円から16,800円ほど。
 
↓着物レンタル晴れ着の丸昌のホームページはこちらです。
 
http://www.marusho-1010.com
 

キモノガール

 
七五三の着物のレンタルはキモノガール
 
アンティーク着物と作家着物の専門店です。

レトロやモダンの着物を探すならこちらのお店がおすすめ。

レンタル価格は35,000円からと他のお店に比べるとお高めです。

 
↓着物レンタルキモノガールのホームページはこちらです。
http://kimono-girl.cc/sp/

 

灯屋2 Kimono Rental

 
七五三の着物のレンタルは灯屋2

 
伝統の友禅染めや手刺し刺繍など細かいところまで職人さんが作った着物がレンタルできます。

レンタル価格は35,000から。

 
↓着物レンタル灯屋2 Kimono Rentalのホームページはこちらです。
http://www.akariya2.com/rental/rentalkodomo.html

京都かいしょう

 
七五三の着物のレンタルは京都かいしょう
 

楽天にも出店している着物レンタルショップです。

レンタル価格は5,800円からですが、ブランド着物やレトロやモダンにこだわると19,800円ほどになります。

↓着物レンタル京都かいしょうのホームページはこちらです。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/k-bridal/

e-きものレンタル

 
七五三の着物のレンタルはe-きものレンタル
 
上質な着物を手頃な値段でレンタルできます。

有名人とのコラボした着物もあるので一度見てみてください。

レンタル価格は6,800円から29,800円です。

レトロやモダンの着物やブランド着物は15,000円から。
↓着物レンタルe-きものレンタルのホームページはこちらです。
http://www.e-kimono-rental.jp/

 

貸衣裳ぽえむ 楽天市場店

 
七五三の着物のレンタルは貸衣裳ぽえむ
 
手頃な値段の着物からブランド着物も取り揃えており、沢山の着物から選ぶ事ができます。

レンタル価格は5,800円から19,800円ほど。
 
↓着物レンタル貸衣裳ぽえむ 楽天市場店のホームページはこちらです。
https://item.rakuten.co.jp/rental-poem/c/0000000119/
 

まとめると、レンタル価格はどのショップもだいたい5,000から6,000円からレンタル可能です。
 
ただし、レトロやモダンの着物だったり、新作の着物やブランド着物はおよそ2万円くらいになりますね。

七五三で着物を着る3歳児
 

 

2017年の女の子に人気のレンタル着物を予想!

 

子供の写真スタジオ最大手のスタジオアリスでは毎年5月上旬に全国の店舗で「先行ご予約会」が開催されます。

先行ご予約会の着物レンタルの予約状況で人気の色を集計し、秋頃ランキングを発表にしています。

 

ランキングについてはこちら。

↓2016年の1位から3位までのランキングとその年の傾向がまとめてあります。
http://www.studio-alice.co.jp/a.php?id=5

↓2015年の1位から3位までのランキングとその年の傾向がまとめてあります。
http://www.studio-alice.co.jp/pdf/release_alice_20151006.pdf

 

では3歳と7歳のランキングをチェックしてみましょう!

 

3歳女の子はレトロなレンタル着物がトレンド!

 

3歳女児の2016年人気色ランキングを見てみましょう!

 

1位 黄色
七五三で黄色の着物の女の子 

2位 赤色
赤い着物の女の子
 

3位 クリーム色
七五三で人気のクリーム色の着物
 

人気の柄には、女の子らしい「花」や「蝶」など。

 

一番人気は、ピンクの被布(ひふ)に黄色の着物を合わせる優しい色合いの組み合わせ。

 

そして2015年の人気色ランキングを振り返ってみると、

 

1位 赤色

2位 ピンク

3位 水色

 

人気の柄は、小さな女の子に似合う「うさぎ」、「イチゴ」、「小花」や「まり」など。

 

2016年と2015年のランキングを比較すると、色の順位が大きく変わっていますね。

 

ピンクや水色などの淡い色に変わって黄系統の色がランクインしています。

 

2015年に比べると2016年はレトロな着物の色と柄が好まれているようですね。

 

2017年も新作の着物が入ってくることを踏まえてもレトロな柄に人気が集まるのではないでしょうか?
 
七五三で千歳飴を持つ女の子
 

7歳女の子もレトロやモダンなレンタル着物が人気上昇!

 

7歳女児の2016年人気色ランキングをみてみましょう。

 

1位 水色
7歳向け水色の着物 

 

2位 淡い紫
七五三で紫色の着物の女の子
 

3位 チェリーピンク
七五三でピンクの着物の女の子
 

色とりどりのレトロな感じの花柄やストライプを取り入れたモダンな感じの柄をレンタルする人が多かったそうです。

 

 

1位 水色

2位 淡い紫

3位 チェリーピンク

 

着物のベース色は「水色」など爽やかな色調が人気。

 

小物や袖にガーリーなリボンやフリルなどを用いてアクセントを効かせた着物が非常に人気でした。

 

 

7歳女児の2015年の人気色ランキングを振り返ってみると、

2016年と2015年のランキングを比較すると、色は同じランキングでした。

 

フリルなどちょっとお姉さんの雰囲気も好まれるようですが、やはりレトロな着物をレンタルする人が多いようです。

 

ちなみにですが、女の子に人気のランドセルの色は赤やピンク系、水色系、紫系ですね。

 

6歳や7歳頃の女の子の好みの色というのも反映されているのでしょうか?
 
七五三でピンク色の着物の女の子
 

七五三で3歳女の子が着ている「被布」って?

 

3歳の女の子の場合、着物の上「被布(ひふ)」を着ます。

3歳の女の子用の被布
 

 

筆者は着物にあまり馴染みがないので、初めて聞く言葉です。

 

被布とは、着物の上に着る、丈の短いコートの様な衣服のこと。

 

3歳の場合、着物を着ますが、帯を締めることはしません。

 

兵児帯(へこおび)という、帯の代わりに柔らかい生地でできた帯で着付けます。

 

着付けた上から被布(ひふ)を羽織るようになります。

 

七五三が行われるのは11月ですから、防寒着として活躍します。

 

また、着付けたときの見た目が良くなるという意味合いで着るご家庭もありますよ。

 

着物の上に着るため、被布(ひふ)のコーディネートも重要ですね!

 

下記のような着物と被布(ひふ)の合わせ方がおすすめですよ。

・着物の柄や一部に使われている色と同じにする。

・着物と同系色でコントラストをつける。

・着物のメインの色と逆の色にする。

 
 

ただし、被布(ひふ)は必ず着なくてはならないものではありません。

鞠を持つ着物の女の子
 
ちなみに3歳のお祝いは、「髪置きの儀」と言われます。

 

驚くことに昔は女の子も赤ちゃんのころから丸坊主にしていたそうです。

 

3歳を迎えた最初の春に子供たちがはじめて毛髪を伸ばし始める儀式が由来。

 

末永く健康に生きてほしいという願いが込められているんですよ。

 

7歳は帯を締めて大人の仲間入り

 

7歳は大人と同じように長襦袢、重ね衿の上に着物を着て帯を締めます。
7歳向けの長襦袢
 

被布を着る3歳とは違い、大人と同じように着付けをするんですね。

 

ちなみに、7歳の祝いは「紐落としの儀」や「帯解きの儀」と言われます。

 

7歳で初めて衣服のつけ紐をはずして、本裁ちの着物に丸帯を締める儀式が由来になっています。

 

一人前の女性として成長するという意味が込められています。
七五三で着物を着た女の子
 

七五三のレンタル着物は人気のレトロやモダンがおすすめ!

 

オーソドックスな赤やピンクの着物よりもレトロやモダンがコンセプトの着物に人気が集まっているのがわかりましたね。

 

3歳の女の子の着物選びはお母さんやおばあちゃんが決める場合が多いのではと思いますが、7歳になると、着物に限らず本人の好きな色や柄などがあると思います。

 

流行にとらわれず、お子さんも一緒に着物選びも楽しみましょう。

 

お子さんにぴったりの1点が見つかって、七五三当日に素敵な笑顔が見られるといいですね。