七五三の時にご祈祷もしてもらう方が多いと思いますが、その時に必要になるのが「初穂料」です。

のし袋の正しい書き方金額の相場をしっかり把握して、当日慌てる事が無いようにしておきたいですね。

そこで今回は初穂料についてのし袋の書き方や金額など詳しくご紹介します。

兄弟の場合では書き方や金額に違いがあるので一度チェックしておきましょう!

七五三参りをする女の子




スポンサーリンク

初穂料(はつほりょう)とは?

大昔から、神様に祈りを捧げる儀式の時には初穂が供物として奉納されてきました。

初穂とは、その年に最初に収穫した農作物のこと。

主に稲(お米)の事でしたが、やがて野菜や果物も含まれる様になりました。

現在では、初穂の代わりに金銭を納めます。

つまり初穂料とは、神社で祈祷やお祓い祝詞(のりと)などをしてもらった謝礼として渡す金銭のことなんですね。

七五三で初めて初穂料を知った方もいらっしゃるかもしれませんが、合格祈願、安産祈願、交通安全、厄除け(やくよけ)などの時に納めることもあるんですよ。

また、「玉串料(たまぐしりょう)」を初穂料と同じ意味で使う地域もあります。

初穂料ののし袋とふくさ

七五三の初穂料を入れる「のし袋」どんなもの?

まずはどんなのし袋を用意すればいいのでしょうか?

コンビニなどでも手に入る、一般的な「のし袋」または「白封筒」でも問題ありません。

初穂料ののし袋

水引きはいろいろありますが、初穂料では赤と白の蝶結び(花結び)のものを選びます。

下の画像ののし袋の右上にある「のし」はついていないものでも構いませんよ。

のし袋についている熨斗

七五三の初穂料の「のし袋」の書き方は?

表書きの書き方

のし袋の水引きの上中央に「御初穂料」「初穂料」と書きます。

水引きの下にはご祈祷を受けるお子さんのフルネームを書きましょう。

書き方のポイントは、「初穂料」の字はお名前の字よりも少し太く、大きく書くことです。

初穂料ののし袋の例

中袋の書き方

表は金額を旧字体で書きましょう。


1万円→壱万円
5千円→伍阡円

 
裏は左側にご住所とお子さんのお名前を書きます。

初穂料の中袋の書き方

白い封筒の場合の書き方

表には上部に「御初穂料」や「初穂料」、下部にお子さんのお名前を記入。

裏にはご住所のみを記入します。

(※表にお名前が書かれているので裏には記入する必要はありません。)

初穂料の兄弟の場合の書き方は?

兄弟で七五三を迎えるご家庭も少なくないと思います。

2人以上でご祈祷を受ける場合は、のし袋はどのように書けばいいのでしょうか?

水引きの下に子供の名前を書きますが、年上のお子さんの名前を右側に書いて、年下のお子さんの名前を左側に書きます。

初穂料ののし袋の書き方

中袋の金額は2人の合計金額を記入してくださいね。

七五三の初穂料の金額の相場は?

七五三の初穂料はいくらと決まっている訳ではありません。

神社によっては金額が何段階か決まっている場合がありますので、参拝する神社のホームページなどをチェックしておくといいでしょう。

参考にいくつか神社をみてみましょう。

明治神宮(東京都)

初穂料は5,000円から。

ちなみに3万円までは2人での神楽舞が行われます。

5万円以上になると4人での獅子舞になるなど、金額により祈願の内容が変わる場合もあります。

七五三参りをしたい明治神宮

善光寺(長野県)

初穂料は3,000円から。

七五三参りをしたい善光寺

住吉大社(大阪府)

初穂料は一人10,000円で二人だと15,000円です。

七五三参りをしたい住吉大社

また、境内での祈願祭のあと、お守りや千歳飴などをくださる神社があります。

その場合は祈祷料として10,000円ほど必要になりますので、事前に神社のホームページなどで確認する事をおすすめします。

兄弟で七五三をする場合の初穂料の金額は?

初穂料は神社によって違いがあります。

上でも紹介した様に住吉神社の場合は一人10,000円で二人だと15,000円でしたね。

兄弟の場合でも神社によって違いがありますので、事前に神社のホームページをチェックしておきましょう。

のし袋の中袋へのお札の入れ方(向き)は?新札がいい?

お札の入れ方は、結婚式のご祝儀などと同じく七五三の場合も慶事の時の入れ方と同じです。

お札の人物が書いてある方が上にくるように入れてください。

そしてお札は新札を用意するのがベター。

もし新札が用意できなければ、できるだけキレイな状態のお札を見つけるか、お札に布を当ててアイロンを当てるとシワをのばしておきましょう。

のし袋の閉じ方ですが、下の動画の様に中袋を入れたらのし袋の下の折が上になるようにしましょう。

動画タイトル:★祝儀袋 金封 のし袋 中包みの入れ方

七五三の初穂料についてのまとめ

七五三の時には衣装や小物など身につけるものから、写真撮影や会食などまでいろいろな準備がありますね。

のし袋に触れる機会があまり無いという方が多いのではないでしょうか。

初穂料は七五三参りの最初に納めるものなので、ここでつまづかないようにしっかりマナーを抑えておきたいと思いました。

直前になって慌てないように、事前に確認をしておきましょうね!