小さなお子さんのいるご家庭では、豆椅子が大活躍していると思います。

豆椅子の保持率はかなり高いのではないでしょうか?

しかし、豆椅子を壊された・・・という声もよく聞きます。

我が家でも3歳の息子によって豆椅子のビニールカバーを破られてしまいました。

壊れた豆椅子

破かれた豆椅子を処分しようかと思っていたところ、豆椅子をリメイクする方法を見つけたので、ご紹介します!

とても簡単な作り方なので、不器用な私にもリメイクできそう!と思いました。

豆椅子が壊れてしまった・・豆椅子を処分しようかと考えている方、まだ早いですよ!

今回は、豆椅子を簡単にリメイクする方法や、リメイクに使うタッカーの紹介をしたいと思います。

おしゃれなリメイク作品の画像もありますよ。

リメイクした豆椅子2脚
 




スポンサーリンク

簡単な豆椅子のリメイク方法

豆椅子のリメイク方法は実はいくつかあるんです。

ミシンを使う方法やパイプ脚の部分にやすりを掛けてペンキを塗る方法もあります。

今回は使用する道具が少なく、最も簡単で初心者でも失敗しにくい方法をご紹介します。

DIY初心者でも、上手に仕上げられるはずです!

準備するもの

豆椅子のリメイクに使用する道具や材料をご紹介します。
 
 

  • 豆椅子
  • プラスドライバー
  • タッカー
  • お好きな布やビニール(縦50cm横50cmほどの大きさ)
  • カッターまたははさみ


 
 

今まで使っていた豆椅子の座る部分の布を変えるだけなので当然ですが、道具や材料はたったこれだけ。

簡単な豆椅子のリメイクの手順

豆椅子のリメイクの工程は5段階あります。
 
 

  1. 豆椅子のパイプ脚から座面を外す。
  2. 座面からスポンジとビニールを外す。
  3. お好きな布やビニールを座面より10cmほど大きく切り取る。
  4. 座面にお好きな布やビニールを取り付ける。
  5. 4を豆椅子のパイプ脚に固定する。


 
 
ネットで情報収集していると、豆椅子のリメイク完了まで約1時間程度で終わるようです。

一つ一つの工程もとっても簡単。

では詳しく説明していきますね。

 
 
 
 
1.豆椅子から座面を外す。

豆椅子をひっくり返すと、パイプと座面はネジで固定されています。

プラスドライバーでネジを外し、パイプと座面を分解します。

豆椅子の座面をドライバーで外すところ

※ネジは無くさないように注意してください。
 
 
2.座面からスポンジとビニールを外す。

次に座面を分解していきます。

座面のビニールを外し、中のスポンジを出します。

スポンジは再利用しますので、取っておきます。

これで、パイプ脚・座面の板・スポンジ・ビニール・ネジと全てのパーツが分解出来ました。

豆椅子の座面を取り外したところ

豆椅子の座面を分解したところ
 
 
3.お好きな布やビニールを座面より5cmほど大きく切り取る。

布やビニールを座面の板よりも大きめにカット。

豆椅子に合わせて生地を切ったところ
 
 
4.座面に新しい布やビニールを付ける。

座面の上に先程外したスポンジを乗せて、布やビニールを被せ、裏側をタッカーで固定していきます。

布を引き伸ばしながらタッカーで固定していくと、出来上がってからシワになりにくく、キレイに仕上がりますよ。

豆椅子の生地をタッカーで止めているところ

※ネジ穴を避けてステープル(針)を打ちましょう。
 
 
5.4を豆椅子に固定する。

布やビニールを取り付けた座面をパイプ脚に固定します。
もともとついていたネジで締めていきます。

しっかり締めて置かないと、緩んできてしまうので、ギュッと締めておきましょう。

完成です!

この流れがよく分かる動画を見つけたのでご覧ください!

布やビニールを張る工程が大切なので、注目しましょう!

簡単な豆椅子のリメイクの動画

こちらの動画では、豆椅子ではなくパイプ椅子の座面の張替え方法を説明していますが、布の張り方がとても参考になります。

RESTA DIY講座 椅子の張り替え方法

豆椅子リメイク作品集!木を使った男前リメイクも

豆椅子のリメイクとひとくくりにしてはいけません。

いろいろなテイストのリメイク作品があったのでご紹介します。

リメイクする布やビニールを選ぶ参考になると思いますよ。

↓ドットのビニールを張ってポップに。


 
 
↓こちらは座面に木を使った男前リメイク。

 
 
↓座面を張り替えるだけでなくパイプ椅子にペンキを塗ると新品同様に。

豆椅子のリメイクに使うタッカーの使い方

豆椅子のリメイクに欠かせないのがタッカーです。

タッカーとは建築の時に壁などにホッチキスの芯のようなステープルと呼ばれる針を打ち込む道具です。

豆椅子のリメイクに使うタッカー

普段使いなれない道具だと思うので、使用方法を確認しておきましょう。

1.タッカーの後ろにステープル(針)を入れるところがあるので、ステープル(針)を入れます。

2.ステープル(針)を打ち込みたいところにタッカーを合わせます。
タッカーを持っていない方の手でタッカーがブレないようにしっかりと上から押さえてください。

3.タッカーのハンドルを握りステープルを打ち込みます。
中途半端に握るより、思いっきり握るのがコツですね。

ダイソーで扱っているタッカーの使い方を説明している動画をご紹介しています。

動画内ではかなり厚めの板に打ち込もうとしますが、難しいようです。

豆椅子の座面のような硬い板でも打ち込めるようなコツも説明してくれています。

動画タイトル:ダイソーで買った300円タッカー検証してみました。のお話

豆椅子のリメイクにしか使わない・・・という方は100均のタッカーでも十分だと思います。

ちなみにダイソーでは300円(税抜き)で販売しています。

他にもリメイクやいろんな場面で使いたい!という方は、ホームセンターで売っているタッカーの方が耐久性がありおすすめ。

豆椅子の簡単なリメイク方法についてまとめ

豆椅子の簡単なリメイク方法についてご紹介しました。
工程は5つ。
 
 

  • 豆椅子
  • プラスドライバー
  • タッカー
  • お好きな布やビニール(縦50cm横50cmほどの大きさ)
  • カッターまたははさみ


 
 

新たに木で座面を作る方法やパイプ脚をペンキで塗り替える方法も雰囲気が変わっていいですね。

簡単なリメイクの方法を調べてみて、私も息子が壊した豆椅子を好きなディズニーのキャラクターがプリントしてある布でリメイクしてみようと思いました。

好みに合わせてオリジナルの豆椅子にリメイクしましょう!