ホリエモンこと堀江貴文さんが参加したり、Youtuberが炎上したりスタートしてから何かと話題になっているVALUですが、どんな仕組みかご存知ですか?

VALUを利用して短期間に大金を手に入れている有名人が何人もいるようです。

いろいろと調べてみると、株の様な仕組みになっているようですね。

一般人が実名でなくても簡単に参加できるのでこれからどんどん広まっていくんじゃないでしょうか。

調べてみると「これは面白そうなサービスだな」と思い、始め方を調べてみました。

「VALUってよく分からなくて不安・・・」という方のために、
今回はVALUの仕組みや使い方についてご紹介したいと思います。

かわかりやすく説明している動画をいくつか見つけたので、そちらもチェックしてみてくださいね。

VALUのロゴ




スポンサーリンク

VALUとは?仕組みについて

さっそくVALUの仕組みや価値についてご説明していきたいと思います。

面白く、わかりやすく説明してくれている動画もご紹介しますね!

VALUの仕組みについて

簡潔に説明すると、VALUとは、
“「自分の価値」を自分で発行したり交換できる仕組み”です。

会社が株式を発行して、株式を買った人が株主になり、株主は株価の変動や配当・優待を受けるという“株の仕組み”に似ているんですね。

VALUの場合は、個人が「VA」と呼ばれる株式のようなものを発行し、誰でもVALU株式会社を通して「VA」を買う事ができます。
また、手に入れた「VA」は他人に売る事もできるんですよ。

売る側は社長の様に会社の株(VALU)を売る事ができ、買う側は株主(VALUERという)のような存在になります。

VALUを購入するとVALUERになる
 
 
 
 ここでポイントなのは、VAの発行枚数は上限があるということです。
その人の発行するVAの総数が決まっているという事なんですね。

限られた数のVAの需要が上がると価格が上がり、VAの需要が下がれば価格が下る事になります。

つまり、売る側が有名になったりすると、VALUを買って応援する人が多くなる(需要が増える)のでその人のVAの価値が上がり、値上がりします。

逆に人気が無くなったりすると、VALUを売って応援する人が少なくなる(需要が減る)のでVAの価値が下がり、値下がりします。

VAの価値が上がる仕組みについて 
 
 
 VALUの売る側と買う側はどんな目的があるのでしょうか?

☆売る側の目的

  • 目的達成のための資金を集める事ができる。

☆買う側の目的

  • VAを購入して、個人を支援したり応援したりできる。
  • モノや情報などのサービスを受ける権利が手に入る。
  • VAを他人に売ることができる。(安い時に買っておいて、高くなったら売るという事ができます。)

VALUの仕組みについてとてもわかりやすく説明した動画をご紹介します。

初心者の私でもVALUの特徴やメリット・デメリットなどがよくわかりましたよ。

ゆる~い感じで話していますが噛み砕いてポイントを抑えた説明をしてくれてわかりやすいです!


動画タイトル:VALUとは?一番最初に観るべき解説動画

実際にVALUのホームページを見てみるとわかりますが、有名人や、ブロガー、ネット上で活躍する映画監督、漫画家など様々な人がVAを発行しています。

例として、ホリエモンこと堀江貴文さんのプロフィールを見てみましょう。

堀江貴文さんのVALU

名前の下に、自己紹介やその人が活動している分野や仕事内容についての説明文が書いてありますが、

「巷ではホリエモンと呼ばれています。」

説明文はたったこれだけ!

でも多くの人がVAを買っています。
それだけ影響力のある方ということですね。
さすがはホリエモンです。

各コンテンツの「優待」をクリックすると、その人のVAを持っていると受けることができるサービス内容が書いてあります。

例えば、堀江貴文さんの場合は、
普段はあまりしない「写真撮影」や「サイン」をしてくれるという優待が受けられるそうですよ。

堀江貴文さんのVALU優待
 
 
 
 ↓こちらは私が気になっているゆるキャラやゆる絵画を書かれている画家さんです。

気になるVALU参加者

↓この方の優待はゆるキャラに例えた似顔絵を書いてくれるんですよ。

気になる画家さんのVALU

VALUの価値について

VALUの仕組み説明してきましたが、最初のVAの価値はどのように決まるのでしょうか?

VALUの発行した段階での一番最初の価値は、FeceBookのSNSの「友達」の人数によって決められます。

そのため、VALUの登録をするにはfacebookのアカウントが必要です。

発行した後はその人に人気が出たり注目が集まると、最初に発行したVAの価値から上昇していく事になります。

VALUの取引は買いたい人と売りたい人の希望額が一致すると売買する事ができますが、

高く売りたくても、人気が無ければ高く売れない。

安く買いたいけれども、人気があれば価格は高くなるということです。

下の画像は売買する希望額やVAの数が分かるページです。
の赤い字が「買いたい人の希望価格」、緑の字が「売りたい人の希望価格」です。

VALU売買のページ

表の一番上の段を見てみてください。
価格が0.0226、売VA数3のところは、「0.0226(BTC)の値段で3VA売りたい」という事です。

下から2段目を見てみると、
価格が0.017、買VA数2のところは、「0.017(BTC)の価格で2VA買いたい」という事が書かれています。

価格の欄の単位はBTC(ビットコイン)です。

つまり、売買にはビットコインで行われ、円やクレジットカードを利用できないという事なんです。

次はVALUの始め方について具体的にみていきましょう。


スポンサーリンク

VALUの始め方は?ビットコイン(BTC)で購入?

ではどのようにVALUを発行したり買う事ができるのでしょうか?

難しそうですが、実は簡単なんですよ。

購入の前にやっておく事があるので、先にご説明しますね。

VAの取引にはビットコイン(BTC)で行われるので、事前にビットコインを手に入れる必要があります。

VAを購入する前にあらかじめVALUに自分専用口座を作っておき、ビットコインを入金しておきます。

VALUを購入する時はVALUの自分専用の口座からビットコインが引き落とされるという流れです。

ビットコインを持っていなければ取引所で購入しおきましょう。
 
 
私のおすすめの取引所を2つご紹介しておきますね。

・bitflyer(ビットフライヤー)
三菱UFJキャピタル、SBIインベストメントなど大手の金融会社や保険会社などの上場企業から出資されていて、莫大な資金力があり、信頼感が高い取引所です。

・coincheck(コインチェック)
デザインがシンプルで使いやすいという点ではbitflyerより気に入っています。
ビットコイン以外の仮想通貨も取り扱っているので利用幅が大きいのもおすすめポインですね。

では、いよいよVAの買い方と売り方についてご説明します。

VAを買うには?

VA購入までの流れは次の5つです。

1.VALUホームページ上でアカウント登録。

まずは、アカウントの登録手順を順に説明していきます。

↓VALUホームページの右上にある『新規登録』をクリック。

VALUに登録する方法
 
 
↓Facebookのアカウント情報が必要なので『Facebook新規登録』をクリック。

VALUの新規登録方法
 
 
『○○としてログイン』と出てくるので、間違いなければログインします。
 
 
↓『VALUがあなたの代わりにFavebookに投稿する許可を求めています』と出ます。

Facebookアカウント情報でVALUにログインするところ
 
FacebookのタイムラインにVALUが載ってもいいですか?という意味です。
自分のみを選ぶと公開されません。
「友人」「誰でも」など指定することが出来ますよ。
 
 
↓ユーザー名を登録。

VALUにユーザー名を登録するページ

数日後、VALUからアカウント登録完了のメールが届けばOK!

アカウント登録の審査には数日から数週間かかるようです。
 
 
2.ビットコインアドレスに送金。

アカウントの登録が済んだら、VA購入の為のビットコインを送金します。

自分のアカウントの右上のメニューに『口座の管理』があります。

『口座の管理』を開くと、↓の様に自分のアカウント専用のビットコインアドレスとQRコードが表示されます。

VALUのビットコインアドレス

表示されたアドレスに自分の保有しているビットコインを送りましょう。

VAを購入する時はこの送金したビットコインから引き落とされる形になります。

どのくらい送金するかですが、相場の変動も考えられるので買いたいVAの価格の分より少し多くしておきましょう。

3.応援したい人や受けたい優待を検索します。

4.その人のプロフィールから購入したい分のVALUを入力。

売り価格を見ていいなと思う金額であれば買い注文をしましょう。

もし、「今は高いからもう少し安い価格で買いたいな」と思ったら希望の価格で買い注文を出します。

5.規約に同意し取引成立を待つ。
 
 
VALU購入についてはこちらの動画を見てみましょう。

4と5の手順について詳しく解説しています。

↓の動画を投稿している方は、ご自分でもVALUを利用していて、VALUの使い方を熟知されてているのでとても参考になりますよ。

動画タイトル:おさとVALU【#011】売買方法をマスターしよう!応援したい人のVA購入方法について | バリューの使い方(買い方編)

VAを発行するには?

VAを売る側についても簡単にご紹介しますね。

VAを発行するには次の4つのステップを行います。

1.VALUホームページ上でアカウント登録。

2.VA発行のための申請をする。

どんな優待にするのか、VALUを利用してどんな事をしたいのかなどを明記します。

3.VAを売りに出す(売り注文を出す)

初めは5VAしか売ることができませんが、一度売れれば、次から希望の分だけ売ることができるようになります。

売り方についてはこちらの動画が参考になります。

売る時の注意も親切に説明してくれていますよ。
動画タイトル:おさとVALU【#012】使い方(売り方)シリーズスタート!ストップ高の売却テクニック!

VALUの仕組みや使い方についてのまとめ

今回は仕組みや使い方についてご紹介しました。

VALUは個人が自分のVA(株のようなもの)を発行し、売買する事で資金を集めることができる新しいサービスです。

Facebookのアカウントとビットコインがあれば誰でも参加できるところと、売買の方法も簡単なところがいいですね。

実際にいろんな人のプロフィールを見てみると、個人で事業を立ち上げている人や似顔絵を描いてくれるなどの面白い優待を見つける事ができます。

見ているだけでも面白いですが、有名人や応援したい事業、優待などを探して、まずは少額からVAを買ってみたいなと思いました。