全国から参拝客が来る長野県北部の善光寺で
毎年2月上旬に善光寺がライトアップされる
「長野灯明まつり」が開催されます。

私も何度か足を運んだことがありますが、
雪の中に照らされた善光寺はとてもきれいでしたよ。

灯明まつりは開催期間が短めで
時間もわずかなので、見逃さないようにしたいですね。

そこで、今回は長野灯明まつりの日程などについてまとめてみました。

シャトルバスがあるかどうか、
交通規制や駐車場などのアクセスについても調べてみました。

最後に行ってみた感想も書いていますのでぜひご覧ください!
 

ライトアップされる善光寺
 




スポンサーリンク

長野灯明まつりとは?

長野灯明まつりは1998年の冬季長野オリンピックの開催を記念して行われ、
2018年で第15回を迎えます。

オリンピックの「平和への願う精神」を後世に伝えたいという目的で
善光寺や表参道を舞台にライトアップや
灯ろうに光を灯し、
平和を願うお祭りなんですよ。
 

灯明まつりで6色にライトアップされた善光寺

長野灯明まつりには以下のような見どころがあります。
 

  • 善光寺のライトアップ!善光寺ゆめ常夜灯
  • 山門のプロジェクションマッピング
  • 善光寺表参道に灯ろうが並べられる灯り絵常夜灯
  • 善光寺周辺の宿坊のお茶会

 
 
灯明まつりは期間が短いので開催日時をしっかりチェックしておきましょう!

灯明まつりで善光寺のライトアップ期間・時間について

灯明まつりの期間や
善光寺のライトアップの時間について
ご紹介していきたいと思います。

2017年の様子もご覧ください!

善光寺のライトアップ!善光寺ゆめ常夜灯

善光寺のLED照明でのライトアップや
大門でプロジェクションマッピングが行われます

2017年の第十四回善光寺ゆめ常夜灯テーマは
「子供たちに愛と平和を!」

ライトアップ期間:2018年2月7日(水曜日)から2月12日(月曜日)
善光寺ライトアップ時間:18:00から21:00
山門のプロジェクションマッピングはライトアップ時間内で15分に一度行われます。

 
 
 

初日の2月7日(水曜日)、17:30からは
オープニングセレモニー

が始まります!

2017年はレーザーによる鮮やかな演出の点灯式が行われ大好評でしたよ!

灯明まつりのオープニングセレモニー

善光寺表参道を彩る灯り絵常夜灯

「灯り絵常夜灯(ともりえじょうやとう)」と呼ばれる
灯ろうに切り絵を貼り善光寺の表参道に並べるイベントです。
 

2017年の様子はこちらです↓
 

善光寺表参道に並ぶ灯ろう
 
 
カラフルな光で一つ一つの灯ろうの個性を際立てています。

毎年テーマが決まっているのですが、
2018年のテーマは、

「未来」「平和」
 
 
灯ろうに貼る切り絵はどなたでも応募することができるんですよ。
2018年1月9日(火曜日)まで応募可能です。

灯明まつり最終日には応募作品の中から次のような賞が選ばれます!

・ゆめ灯り絵大賞
一番美しい作品には大賞賞金として10万円と、
次回の長野灯明まつりで「ゆめ大灯篭」という大型の灯ろうを制作する権利がもらえます。

・ゆめ灯り絵賞
賞金5万円が2作品に贈られます。

・一般投票特別賞
一般投票で選ばれた2作品に賞金3万円が贈られます。

その他賞に選ばれた25作品に賞金や記念品が贈られます。

2017年のテーマは「アンデルセン童話」、「愛」、「平和」でした。
 
 
沢山の応募作品の中から第14回ゆめ灯り絵大賞に選ばれた作品はこちらです。

題名「マッチ売りのねこ」

灯明まつりで大賞に選ばれた灯ろう

切り絵とは思えないほど繊細に愛くるしい猫が表現されていますね。

善光寺の宿坊でのお茶会

善光寺周辺の21ヶ所ある宿坊ではそれぞれ個性あふれるお茶会が行われます。

精進料理が振る舞われたり、
普段は見ることができない仏像を拝観する事ができますよ。
 

↓精進料理がお安く召し上がれます。

灯明まつりで宿坊に行ったツイート
 
 
↓宿坊もライトアップされていますね。

灯明まつりでライトアップされる宿坊
 


スポンサーリンク


 

善光寺までのシャトルバスはある?駐車場についても

残念ながら灯明まつりに行くためのシャトルバスは運行されません。

路線バスについてや交通規制、
駐車場情報についてご覧ください。

路線バス情報

JR長野駅から善光寺まで
路線バスが運行されています。

長野駅のバスロータリーの
「1番のりば(善光寺方面行き)」

または
「4番のりば(長野市役所方面行き) の市内中心地循環バス・ぐるりん号」
をご利用ください。
「善光寺大門」のバス停で下車します。

「善光寺大門」のバス停を降りれば善光寺は目の前ですよ!

所要時間はおよそ15分、
運賃は大人150円です。

長野駅ロータリーのバスのりばについてはこちら↓です。
 
長野駅のバスロータリー
 
 
私は平日の18時頃にバスに乗って灯明まつりへ行ったことがありますが、バスの本数が15分に一度くらい出ているので、バスのりばそれほど混雑していませんでした。

善光寺から長野駅に戻る時は、
学校帰りの高校生も利用するので、少し混み合っていました。

交通規制・駐車場情報

お車でお越しの方は、善光寺周辺の道路や駐車場で混雑が予想されます。
善光寺表参道は交通規制が行われるので事前に確認しておきましょう。

↓こちらは2017年の交通規制が行われたところです。
長野灯明まつりの善光寺周辺の交通規制
日にちや時間によって規制される範囲が違いますね。

2018年の予定はまだ発表されていませんが、
土日は善光寺から中央通りのセントラルスクウェアまで
車両通行止めになる可能性が高いと思います。

交通規制の事を考えると
善光寺北側の駐車場を利用するか、
長野駅周辺の駐車場を利用し
善光寺まではバスで移動

がいいかと思います。

ただし、
善光寺北側の大型の駐車場は普段から利用者が多く
満車になっている可能性が高い
です。

善光寺周辺に車を停めるなら少し離れた下記の駐車場がおすすめですよ。

・「モンマートとみや」さんの駐車場

 
 
・システムパーク西駐車場


 
 

灯明まつりで善光寺のライトアップについてのまとめ

今回は灯明まつりで善光寺のライトアップの期間や時間についてまとめました。

オリンピックの5つの輪をイメージした
赤・青・黄・紫の華やかな光で雪の中でライトアップされた善光寺は
とてもきれいですし、どこか仏教を思わせる感じがします。

私が過去に行った時は雪が降っていてとても寒かったので、防寒対策はしっかり行って下さいね!

降る雪も光に照らされて幻想的で、
「雪の日に見に行くのも悪くないな~むしろ良かったかも!」と思いました。

2月7日(水曜日)から2月12日(月曜日)という真冬に開催されるお祭りですが、
この時期にしか見られない善光寺のライトアップをぜひ見に行ってみてください!