【熱中症で途中リタイヤ】日本一の石段にチャレンジ!夏の挑戦は注意が必要。

長雨が終わり、やっと夏らしくなってきました。

夏休みもそろそろ終わろうとする休日、思い出作りに3,333段の石段に行ってきました。

日本一の石段は熊本県上益城郡美里町にあります。

久しぶりの石段訪問。

私は子供の頃から数えると、計5回以上は訪れたことがあり、

少なくとも3回は登頂したことがあります。

姪っ子がまだ来たことがないということだったので、夏の思い出にチャレンジ

してみようということになったのです。

(誰もいない。。。)

真夏のせいか?コロナのせいか?ほとんど人が見当たりません。

付近にある駐車場はガラ空きになっていました。

好きなところに停め放題。駐車料金は、1日300円や200円で格安です。

ちょっと寂しい気もしましたが、コロナまん延中にはちょうどいいくらい

かもしれません。

さあ、気合を入れて登頂スタート(^^♪

よいしょ、よいしょ、あまり急がず自分のペースで歩くことが

長時間歩き続けるコツだと思っています。無理せずゆっくり。

100段目を過ぎると、入り口の門?があらわれました。

登頂ノートも置いてあり、今日の記録らしきものもあります。

人がいないように見えても、登っている人はいるんですね。

記録は帰りにしようね、と言って先に進むことにしました。

200段の付近にはトイレが設置してあります。

割ときれいなトイレでしたが、そこは山のトイレ。

個室の中に虫がいるのを発見!

「無理だぁ~」

だって、最中に虫がとびかかってきたら怖いもん(T_T)

ここは我慢することにしました。

駐車場付近にあったトイレでしとけばよかったなぁ。。。

気を取り直して、再スタート。

300段、400段・・・600段とエッチラ、ホッチラ登っていると、

姪っ子のペースが少し遅くなっていることに気が付きました。

ちょうど700段を過ぎたあたりにベンチが設置してあったので、

休憩をとることに。

姪っ子の唇が真っ白になっているではないですか!

それと同時に、姪っ子はベンチでグターっとなってしまいました。

全身は汗でビッショリです。

どうやら我慢してここまで上がってきたようですが、おそらく軽い熱中症になってしまったのでしょう。

すぐにベンチに横たわらせ、水筒の水をタオルに湿らせ、帽子で風を送って涼ませました。

朝から一気に気温と湿度があがり、体が無理をしていたようです。

きつかったね(T_T) もっと早く気づいてあげれればよかった。。。

なかなか弱音を吐かない頑張り屋さんだから、この状態でも「大丈夫、大丈夫」と言っていました。

えらかったねぇ。

しばらくそこに座っていると、木々の間から涼しい風が吹いてきて私も

生き返るような感じがしました。

おかげで、姪っ子の症状は15分程度で回復。

残念だけど今日はここまでとし、ゆっくり下山することにしました。

次は中学の卒業記念に来ようね!

 

まとめ

真夏の石段チャレンジは注意が必要!木陰でもかなりの体力を消耗します。水分をこまめに取るようにしよう。

 

 

コメント