フランス菓子カヌレを作ってみようとして、●●●を初めて知った!

フランスの焼き菓子、カヌレを食べたことありますか?

中はしっとり外はカリっとした甘いお菓子です。

私は過去に1度だけ食べたことがあります。

これを自分で作ってみようとレシピを検索してみました。

カヌレ材料 6個分(120mlカヌレ型)

薄力粉 90g

牛乳 280ml

グラニュー糖 150g

溶き卵 1/2個分

卵黄 2個

無塩バター 20g

はちみつ 20g

ラム酒 10g

バニラビーンズ 8cm

バニラビーンズてどんなの???

バニラビーンズは、ラン科に分類されている植物です。

マダガスカルやインドネシアなどで栽培されているこの植物は、さや状の果実をつけます。

焼き菓子などに幅広く用いられています。

収穫されたばかりの状態ではほどんど香りがありませんが、キュアリングと呼ばれる

プロセスをへて香りが生み出されます。

これを買い求めるために、街の製菓材料店に行きました。

初めて見るバニラビーンズに少し驚いてしまいました。

コレは枯草???

↓↓↓↓↓

なんだかイメージとかけ離れていたのでびっくりしました。

そして値段をみて更にビックリ( ゚Д゚)!!

枯草のようなものが2本入りで、1,600円(税抜き)!

だから、カヌレっていい値段がするのかぁ。(納得)

 

こんなに高いなら、気軽に使用できないなぁと少し諦めかけていましたが、

バニラエッセンスバニラオイルがバニラビーンズの代わりになることがわかりました。

バニラエッセンスは、バニラの香りの成分をアルコールで抽出したもの。

市販されているバニラエッセンスの多くは、人工的に作られたバニラの香りを

加えて作られています。

しかし、バニラエッセンスは香りがやや弱いため、ババロアやプリンなどの冷たいお菓子

に向くようです。

バニラオイルは、その名の通りオイル状になっているスパイス。

香りが飛びにくく、高温で調理してもしっかりとバニラの香りが残るのが特徴です。

なので、今回のカヌレのような焼き菓子にはバニラオイルで代用ができそうです。

まとめ                                    バニラビーンズがハードルが高くて使うのを躊躇するときは、バニラオイルで代用可◎
余談・・・
その後、いくつかの店を探してみると、もっと手頃のものが見つかりました。
1本入りで700円前後のものや
瓶に短い長さのものがいくつか入っているものなど。
探せば購入しやすい価格のものが見つかります( *´艸`)

コメント