掃除が苦手な人っていますよね?

私も掃除は大の苦手なんです。

ズボラな性格もたたって以前は「汚部屋」になってしまうことが結構ありました。
汚部屋というのは汚い部屋という意味なんだそうです。
 

汚部屋だったころは1日かかってもなかなか片付かなかったのですが、最近は短時間で簡単に片付けられるようになりました。

その掃除のコツを紹介したいと思います。本当にちょっとしたことなんですよ!




スポンサーリンク

掃除のコツ:部屋の床に物を置かない

クローゼットも机の上も、棚も、とりあえず後回しにしましょう。

掃除のコツでいちばん大事なのは床。

整理できない汚部屋はたいてい床が散らかっています。

その多くは衣類と書籍(本)だそうですよ。

これらのものを所定の場所に戻してやりましょう。

・ 衣類はクローゼットへ入れる。
・ 書籍(本)は本棚へ入れる。本を収納する箱でもいい。(写真のようなケースだとベッドの下にも置けるので便利です。)

収納ケース画像

・ アクセサリー小物、文房具関連など同じ仲間のものは箱を用意してとりあえず入れる。

ものは、直(じか)に置かないで箱や棚の中に入れるようにします。

ものにはそれぞれ置き場所を作ってあげることが簡単短時間で掃除ができるコツなんですよ。

愛着があって捨てられないもの以外は捨てるという整理術もありました。ものを大切に扱う姿勢こそが乱雑に扱わない基本中の基本だからです。

ですから、あなたの大切なものは、ちゃんとそれぞれの置き場所に返してあげてくださいね!

アクセサリーとか、充電機器などもちゃんと床よりも高い場所に居場所を作ってあげてくださいね。

床がきれいになったら落ち着きませんか?机の上がごちゃごちゃだって、棚に物がぎっしり入っていたって大丈夫。

まずは床をきれいにすることこそが汚部屋と簡単短時間にサヨナラする秘訣なんです。

なんだか掃除した気分でしょ?あとひと押し頑張りましょう。

掃除のコツ:物を減らす、捨てる

ここでゴミ袋を用意します。

机の上に積まれた物や棚の中の物を仕分けるのです。
 

ここで気づくことは
「捨てられないから汚部屋になるんだ。」
と、いうこと。

一年使わないものはなくてもいいものですから、ゴミ袋へ捨てましょう。

たまったゴミ袋を見て
「いままでありがとう。」
といって捨てましょう。心苦しさも減りますよ。
 

貧乏性の人は捨てられないといいますが、捨てることでまた、新たな何かが入ってくると心得ましょう。淀んでいた空間に新たな風を入れてやる心意気ですよ。

たまったほこりを簡単にとる便利グッズ紹介!床のホコリ編

私のおすすめは

・ほうき
・コロコロなどの粘着ローラー
・フローリングワイパーかダスキンモップのような繊維の太いモップ

です。身近にこういった道具を置いておくとさっと使えるのでホコリがたまりませんよ。

ほうきの良い点はすぐに床を掃くことができること。掃除機を出してコンセントをさして・・・・と手間がかかる作業は毎日できませんよね。億劫がらずにさっとできるのでとっても便利ですよ。

100均とかで売っているような柄が短いものではなくて、腰が痛くならないような柄の長いほうきがおすすめです。
柄の長いほうき

 

床がじゅうたんなら粘着ローラーが一番カンタンです。ほこりだけでなく、ちょっとしたゴミも粘着シートが取ってくれます。
コロコロ粘着ローラー

 

床がフローリングなら断然フローリングワイパーがおすすめです。
フローリングワイパーで繊維の太いモップ

ほうきを併用する人はウェットタイプがおすすめ。ワックスも入っていて艶が出るタイプのものも売っています。とってもきれいになりますよ。
ウェットティッシュ掃除用

フローリングワイパーのみのひとはドライタイプのものを使ってください。
フロア用掃除シート ドライタイプ
 

必ず一方向に動かしてください。ゴミがきれいにとれますよ。
お金に余裕がある人は断然ダスキンです!ダスキンモップは繊維が太くて柔らかいために床のゴミがきれいにとれます。類似商品が楽天などで売っています。複数あると床だけでなく棚の上や家具類の側面にも使うことができ、驚くほどピッカピカになりますよ。
ダスキンのような繊維の太いモップ

 

面白い商品としては、スリッパの裏にモップがついている物があります。この手の商品も繊維が太いので、意外にゴミを吸着してくれるので便利ですよ。
スリッパモップ
動物モップスリッパ

でもあくまで補助的なものとして使ってくださいね。

床のホコリなども毎日2,3分という短時間で簡単にできてしまいます。

たまったほこりを簡単にとる便利グッズ紹介!机の上編

水洗いする雑巾は経済的ですが、部屋掃除ならマイクロファイバーの雑巾がおすすめです。

乾拭きもできるし、水拭きもできます。

こびりついた汚れなら水拭きでさっととれますよ。

経験から薄手の使い捨てよりもマイクロファイバー雑巾のような太い繊維がおすすめですよ。

マイクロファイバー雑巾

いかがでしたか?
 

以上をまとめると

・床にものを置かない。
・物を減らす。
・身近な場所にさっと使える掃除道具を置く。

ズボラな人も簡単で短時間にできる掃除ならきれいな部屋になります。
掃除のコツをつかんで汚部屋をきれいにしてほこりとサヨナラしましょう!