クリスマス島。ロマンチックな名前の島ですよね?
その島の写真です。

サンタクロースが蟹の岩場で手を振る

島の人口2100人!
カニの総数一億匹!

カニざんまい!!と言いたいところですが、実はこのカニとてもまずくて食べる人がいません。

非食用なんです。

だれも食べないのでカニはどんどん増えていきました。

そう、クリスマス島はカニであふれる南の島だったのです!




スポンサーリンク

クリスマス島でアカガニは大行進する。

クリスマス島で大量発生するカニの名前はクリスマスアカガニ。

体調12センチほどのこのカニはクリスマス島とココス島にしか棲んでいない固有種なんです。

ふだんは島の熱帯雨林の木の根元などに穴をほって棲んでおり、落ち葉や果物や動物の死体を食べています。

そのクリスマスアカガニが大発生しています。

道路にアカガニの大群

 

クリスマス島には昔はこのクリスマスアカガニを食べるネズミが棲息していました。
しかし20世紀のはじめにネズミは絶滅。
 

そしてクリスマスアカガニは爆発的に増えていったのです!

波打ち際の岩場の大量のアカガニ
 

10~1月のウキの大潮の夜、森から出てきたカニたちは何日もかけて島を横断します。
産卵にために海に向かうのです。

道路にアカガニの大群と女性が座っている

 
ゴルフ場でも大行進。ゴルフのプレイどころではありません。
ゴルフ場にアカガニの群れ

 

学校の教室内だっておかまいなし。
教室に入ろうとするアカガニ

体育館にアカガニが入ってきた
 

線路の上も大行進していきます。

列車が来る線路上にアカガニの大群
 

壁だってへいちゃらです。
石垣に大量のアカガニ

 

住民たちは慣れっこなので慌てたりはしません。
靴の近くにアカガニがいる

 
 

クリスマスアカガニはやがて波打ち際に到着し、浜辺や岩場を覆いつくします。

 

海岸ではオスが巣穴をほってメスを待ちます。
メスが来るとオスはメスに巣穴を譲って再び森へ。

メスはそこで卵を生みます。
卵が熟成した2週間ほど後に海に入って産卵したメスも再び森に帰ります。
赤ちゃんアカガニの大群

 

大量の卵は3週間後くらいに子ガニになり、子ガニたちは集団で森へ大行進。
指にのっているアカガニの赤ちゃん
手のひらにアカガニの赤ちゃんの大群

アカガニと暮らすクリスマス島の人たちの生活は?食べる?

すごい数のクリスマスアカガニですが島の人は慣れっこです。

ただ、大移動の時期になると車がカニを踏んでスリップしたり、道路がカニの死骸で汚くなったりしますから、区間によっては車両通行止めになる道もあります。

車両通行止めの柵とアカガニが道路にいる
 

カニたちが道路へ出ないようにカニのバイパスを作るところもあります。
アカガニの大群

 

カニ専用の歩道橋を設置していある場所もあります。
アカガニ用の橋

 

このようにクリスマスアカガニが道路に出ないように住民たちはいろいろ考えているんですね。
このような住民の努力によってクリスマスアカガニが車にひかれることは8割以上も減ったそうです。
太陽を背に道路を歩くアカガニ

 

こんなに大量発生しているクリスマスアカガニ。

マズイのですが、一応食べられないことはないんだそうです。
昔はアカガニを食べるネズミが棲息していたそうですが絶滅してしまいました。

カニを食べる天敵がいないためその数はどんどん増えていき、今では億を超える数になっています。
 

食べるどころかこのカニたちは保護されていて、
故意に殺したり、捕獲したりすると、最高で5000ドルの罰金が科せられるそうですよ。
クリスマスアカガニは落ちているものはなんでも食べてくれるので、害虫なども発生しにくいという良い点もあります。
海岸に大量のアカガニ

 

クリスマス島の住民たちはアカガニとうまく共存しているんですね。

クリスマス島ってどこ?どんなところ?

クリスマス島は冬場も雪とは無縁の南の島。

1643年のクリスマスの日にウィリアム・マイノースという東インド会社の人がこの島に到着したことが由来なんですって。

場所はここ。


 

オーストラリア領の小さな島クリスマス島。

「クリスマス島」は世界に2つあります。

1つはキリバス共和国のクリスマス島。タコや大型のシャコを釣ることができ、ダイビングスポットがあるので海のレジャーで有名な島です。

もう1つがオーストラリア領のクリスマス島。この島がクリスマスアカガニの大移動が見られる島なんですよ。
夕暮れの海岸にアカガニが岩に大量にいる

 
 

日本に占領されたこともあるこの島の産業はリン鉱の加工と出荷でしたが、近年、クリスマスアカガニの大行進が注目されるようになってきてアカガニツアーもあるようですよ。

実際に大量のアカガニが移動している様子を見たら興奮するでしょうね!