クリスマスが近づいてくると広告などでよく見るサンタクロース

靴下を置いておくと、そこにサンタさんがプレゼントを入れてくれるなんて聞きますが、なぜ靴下なのでしょうか?

クリスマスに暖炉の前に飾られているプレゼントの入った靴下

想像してみても見当がつきません。

靴下だと大きいものは入らないですし、プレゼントを受け取る袋としてあまり適していないような気がします。

よく考えるとサンタクロースについて知っているようでよく知りません。
 

そこでサンタクロースの靴下の由来や、あの赤い衣装について調べてみました!

もし子どもに聞かれてもいいように、簡単になんて説明するかについても書いていますので参考にしてみてください。




スポンサーリンク

サンタクロースっていったい誰?

靴下の由来を紹介する前に、サンタクロースについて少しお話します。

サンタクロースは、4世紀の頃のキリスト教の司教である聖ニコラスという人がモデルだと言われています。

祭服を着た聖ニコラス
祭服を着た聖ニコラス
 

裕福な家庭に生まれた聖ニコラスは、自分の財産を貧しい人や恵まれない人々ために使う心優しい人でした。

そんな彼には様々な伝説があり、その1つがサンタクロースのモデルになったそうです。

そして、その伝説の中に靴下がでてきます

ちなみに「聖(セント)ニコラス」はオランダ語で「シンタクラース」と読み、それがなまって「サンタクロース」になったと言われています。

サンタクロースの靴下の由来の物語

では、由来となった、その物語を紹介します。

ある街に父親と3人の娘が住んでいました。

その家族は貧しくて娘を嫁に行かせてあげることができません。
そして、生活の苦しさからついに父親は娘を身売りすることを考えます。

それを知った聖ニコラスは、この娘たちを助けることにしました。

キリスト教には

「良いことをしても、それを自分がやったと言いふらしたり、
見返りを求めるのはよくない」

という教えがあるため、夜中に家の窓から金貨の入った袋を投げ入れました。

そのとき暖炉に干してあった靴下に金貨が入ったのです。

金貨

翌日お金を見つけた父親は驚き「これは神の恵みだ」と喜び、そのお金のおかげで長女は身売りされることなく嫁に行くことができました。

また聖ニコラスは、次女も同じようにして救いましたが、三女のためにお金を投げ入れたときに気づかれてしまいました。

聖ニコラスは、このことは内緒にするように言いましたが、娘の父親は感謝の気持ちを抑えきれないあまり、街のみんなに伝えてしまいました。

それによって、聖ニコラスはそれまで以上に尊敬されるようになりました。

 
この話が由来となり、靴下を飾っておくとプレゼントがもらえるという慣習ができたようです。

まさか、そんな出来事から靴下を飾る習慣ができたなんて、考えてもわからないわけです。

調べてみると面白いことがわかりますね。

サンタクロースの衣装の由来!服の色が赤いのはなぜ?

次にサンタクロースの衣装に関する由来について紹介します。

衣装を来てプレゼントの入っている袋を持ったサンタクロース

サンタクロースのあの赤い衣装のイメージはコカ・コーラの広告で広まったという話があります。

調べてみると、広く定着するのに貢献したのは確かかもしれませんが、コカ・コーラ社が考えたというのとは少し違うようです。
 

サンタクロースは1800年代には国や地域で様々な色の衣装で描かれていたようです。

↓の画像は1800年代~1900年代初頭にかけてクリスマスカードに描かれた様々なサンタクロースです。
クリスマスカードに描かれた様々なサンタクロース1

クリスマスカードに描かれた様々なサンタクロース2

クリスマスカードに描かれた様々なサンタクロース3

クリスマスカードに描かれた様々なサンタクロース4

クリスマスカードに描かれた様々なサンタクロース5

様々な格好をしたサンタクロースが描かれていますね。
 

そんな中、1800年代後半に活躍していたトーマス・ナスト(1840~1902)という画家が、赤い服のサンタクロースを描き、様々な雑誌に掲載されました。

そして最終的に「トーマス・ナストのクリスマス画集」として出版されたそうです。

トーマス・ナストのクリスマス画集
トーマス・ナストのクリスマス画集

それ以降サンタクロースが雑誌やデパート売り場で広く見られることになったようです。
 

日本では1914年頃から、子供雑誌である「子供之友」などに、今と同じイメージのサンタクロースがよく描かれるようになったそうです。

「子供之友」1914年12月号
「子供之友」1914年12月号に描かれたサンタクロース

コカ・コーラ社の広告に採用されたのは1931年なので、それ以前から赤色のイメージが定着していたことがわかります。
 

一方で、キャラクターとしてのサンタクロースのイメージについてはコカ・コーラの広告によるところも大きそうです。

コカ・コーラ社のサンタクロースはハッドン・サンドブロム(1899~1976)という画家が描きました。

1931年にコカ・コーラの広告として描かれたサンタクロース
1931年にコカ・コーラの広告として描かれたサンタクロース
 

それまでのサンタクロースとの違いの1つは、童顔で愛嬌のある顔立ちという点でした。

サンタクロースの知名度や衣装のイメージが出来上がりつつあった中で、コカ・コーラ社の広告が、今のキャラクターとしてのサンタクロースのイメージを一気に世界中に広めたとも言えそうです。

サンタクロースは、様々なクリエイターの手を経て、いまのイメージができているんですね。

サンタクロースについて子どもに簡単に説明するには?

小さな子どもに、あまり難しいことを言っても、分かりづらくて興味を持ってくれないかもしれません。

ソリに乗りトナカイに引かれるサンタクロースのイラスト

細かい話をするよりも、できるだけ夢を壊さないようにして、クリスマスは楽しい日だと思わせてあげるのがいいのではないでしょうか?

例えば

・クリスマスって何の日?
「外国の神様をお祝いする日だよ」

・なんで外国の神様をお祝いするの?
「神様は世界のみんなの幸せを願っているから日本でもお祝いしていいんだよ」

・サンタクロースって誰?
「お金や食べ物がなくて困っている人を助けてあげているとても優しい人だよ。
クリスマスはお祝いの日だから、子どもたちにプレゼントを配っているんだよ。
いい子にしてるとサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるかもしれないから、
いい子にしてようね」

・なんで靴下を置くの?
「外国では洗濯した靴下を暖炉の前で乾かしたりしていたの。
クリスマスになると、そこにサンタさんがこっそりプレゼントを入れてくれるんだよ。
だから家にサンタさんが来たとき、困らないように靴下を置いておこうね」

 

他にも、子供向けにサンタクロースの一年の暮らしを楽しく描いた絵本もあります。

「あのね、サンタの国ではね…」(出版社: 偕成社)
「あのね、サンタの国ではね」の表紙

サンタクロースがクリスマスまでの1年間どのように暮らしているのか。

どうやってプレゼントを用意しているのか。

どの子どもが良い子なのか世界中をまわったりなど、毎月のサンタクロースの様子が、わかりやすいお話しと、やわらかい絵で描かれています。

「あのね、サンタの国ではね…」の口コミ
●普段、サンタクロースは何をして過ごしているんだろうというような疑問に応えてくれる絵本です。子供はクリスマスだけでなく、1年中この絵本が好きです。

●4歳の息子も私も、クリスマスに関する絵本の中で一番気に入っています。
今まで何度も読んでとせがまれました。幼稚園児から小学校の低学年くらいのお子さんにおすすめします。

 
サンタクロースを知りたい子どもに読んであげればば、夢中で楽しんでくれるかもしれませんね。
 

以上、サンタクロースの靴下や衣装の由来、子どもに簡単に説明する方法など紹介しました。

大人になって当たり前のようにサンタクロースなんていないと思って過ごしていましたが、サンタクロースって実在した人がモデルになっていたんですね。

靴下もまさか投げ入れた金貨が入ったからだったとは、想像もしませんでした。

由来について調べると色々なことがわかりますね。

まだ知らない人やお子さんに教えてあげると喜ばれるかもしれません。