冬になると流行するインフルエンザ

感染力も強く、重症化することもある油断できない病気です。

特に子供は免疫力も低く心配ですね。

インフルエンザ対策に予防接種をする人も多いでしょう。

インフルエンザの予防接種を受ける女の子

子供のインフルエンザの予防接種は2回すると聞きますが、2回目はどれくらいの間隔でしたらいいのでしょうか?

そこで、子供のインフルエンザの予防接種の2回目の間隔について調べてみました。

他にも、予防接種をする時期や、1回接種の場合についても調べたので参考にしてみてください。




スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種!子供に2回目の予防接種をする間隔は?

調べてみたところ、インフルエンザの予防接種をする間隔は、

13歳未満の子供の場合、2~4週間の間隔をあけ、13歳以上では1~4週間

ということでした。

効果をより高めたい場合は4週間の間隔で接種するのが最適だそうです。

インフルエンザワクチンと注射器

それはなぜか説明します。

1回目の予防接種から1~2週間くらいで抗体が上昇し、その後、抗体は徐々に減っていきます。

そして抗体が減ってきたところにもう一度ワクチン接種をすると、通常より抗体が大幅に増え、高い免疫力がつくのです。

これをブースター効果といいます。

このブースター効果が高くなる間隔が4週間なのです。
 

しかし、1回目の予防接種が遅くなってしまって、流行期に入ってしまうときや、受験などの日程などをから4週間待てないという場合、13歳以上では最短1週、13歳未満では2週の間隔で接種ができるそうです
 

では、インフルエンザの予防接種をする時期はいつくらいがいいのでしょうか。

インフルエンザの予防接種をする時期

インフルエンザの予防接種では、1回目の接種から1~2週間で抗体が増えていき、2回目の接種から1ヶ月でピークを迎え、3~4ヶ月後に徐々に減少していきます。

そのため効果期間は、1回目の接種の2週間後から3~6ヶ月くらいになると言われています。

インフルエンザの流行期は通常12月~翌年3月頃です。

マスクをしている女性

10月頃に1回目の接種をし、4週間後の11月頃に2回目の接種をすれば、12月頃にピークに達し、その後、翌年の2月から4月くらいまで効果が期待できると思われます。

では、1回だけ予防接種したときはどうなのでしょうか?

インフルエンザの予防接種を子供に1回だけしたときの効果は?

上で話したように4週間の間隔で2回の接種をすると免疫効果が高くなります。

子供は免疫力が低いので十分な免疫を得るため、13歳未満の子供には2回接種が勧められています。

とは言え、1回でも効果がないわけではないので、接種しないよりしたほうが、インフルエンザにかかりにくくなるようです。
 

しかし、6歳未満の子供にはワクチン効果が低く、特に1歳未満の子供ではさらに低いと言われています。

子供への予防接種は予防効果もありますが、インフルエンザにかかってしまったときに、重症化しないためというのも大きいようです。

特に1歳未満などの小さいお子さんには、家族が予防接種をして、子供に感染しないようにするのも大事になってきます。

寝ている幼児に寄り添う父親と母親

13歳未満の子供には2回接種が勧められていますが、大人や13歳以上の子供は、1回でも効果があると言われています。

しかし、大人でも2回接種のブースト効果はあるため、より効果を高めたい場合は2回接種することも可能ということです。

1回接種するか2回接種するかの判断は、かかりつけの医師に相談して決めるのが良いでしょう。
 

以上、インフルエンザの予防接種の間隔や回数について紹介しました。

改めて、2回目の間隔についてまとめておきます。

<インフルエンザの予防接種2回目の間隔>
13歳未満の子供の場合:2~4週間
13歳以上の場合:1~4週間
(効果を高めるには4週間の間隔が最適)

 
インフルエンザの予防接種を2回するのは、ブースター効果によって免疫力をより高めるためだったんですね。

インフルエンザの予防には手洗いも効果があるので、予防接種と合わせて行うとより効果的でしょう。

しっかり予防や対策をしてインフルエンザにかからないようにしたいですね。